イメージ画像

ホストへの売り掛けが払えないとどうなる?

ホストクラブへの売り掛けが締日までに払えない時はどうしたらよい?

女性がホストクラブで遊んだお金をその場で支払わずにツケておくことの意味をこの業界の用語で売り掛けと言います。

特に成績を上げるために売り上げや結果を出したい働くホストは女性に対して、売り掛けでも良いからお店に遊ぶことを促します。

期日までに女性が、ツケで飲んだホストクラブでの料金を払ってさえくれれば結果的には売り上げになるからです。

しかし、額が2万や3万ならともかく10万円を超えて大きくなればなるほど、ホストだけでなく女性の売り掛けの返済は難しくなり、最終手段として飛ぶ可能性も高くなります。

ほとんどの女性が、結局は締日の間近で様々な方法を使って回収を迫るキャストに返済をすることになります。

どんな最終手段を使用しても、どうしても豪華なドンペリやシャンパンタワーを頼んでしまって高い料金を請求された、または売り掛けを支払えない時はどうしたら良いのでしょうか?

ホストの売り掛けやツケの時効はどれくらい?

はっきり言って借用書にサインをするような売り掛けはホストクラブにはほとんどないでしょう。

その理由は、大抵の場合、男女間の恋愛と信用の元でこのツケ代が成り立っているからです。

自分が好きなホストにナンバーワンになって欲しい気持ちから、女性が自分の本来の支払い能力を大きく超えて高額な売り掛けをするのです。

そもそもが、実際には時効などあってないようなもので違法のグレーゾーンである売り掛けやツケの借金を女性が支払できずに飛ぶことはよくあることです。

女性は返済せずにバックれることは不可能ではありませんが、そもそもが違法であることはホストクラブ側も重々承知のシステムです。

いくら弁護士などに相談しても、やはり、危険は付きまとうことは否めません。

借金を債権回収業者に回されたり、様々なやり方で取り返そうとします。

最終手段としてホスト側が裁判に持ち込むなどとしてくることもあります。

そうならないようにできる事は、いくらホストにお願いされても売り掛けでは飲んだり遊ばないということが、一番のすぐにできる安全策になるのではないでしょうか?

最終的には売り掛けを払えないで飛ぶとホストも危ない

女性が売り掛けをしたお金を回収して締日までに、お店に支払いが出来なければ自分でその額を肩代わりしなければいけません。

それは給料から差し引かれるものなので、ホストにとっても死活問題になります。

中には最初から飛ぶことを前提にして遊ぶ悪い若い女性も存在したりします。

住所や名前も偽っているので、どれだけホストで売り掛けをしても全部は回収する事はできません。

そうなってしまった場合でも、お店はそのツケ代を全て働く若い男性が肩代わりするのでマイナス効果はないのです。

それでも、このようなシステムを使用してまで成績やナンバーワンに拘るのはこの世界ならではの独自の変わらないものです。

ホストがツケの売り掛けを回収できずに無断で飛ぶと?

売り掛けを払うことができないで飛ぶのは若い女性だけでなく、男性のプレイヤーも同様にあり得ることです。

女性が遊んだツケ代を飛ばれて支払いが出来なくなってしまうと、いくら一生懸命働いてもどうにもならないくらいに借金が非常識に膨らんでしまいます。

お店側もホストに女性から売り掛けのお金を回収できないまま、急に飛ばれてしまうとマイナスになってしまいますので、男性に対しても支払いの圧力を日々かけます。

最終的には消費者金融だけでなくキャッシングなどで返済できるだけホストが自腹で泣きながら支払うことになります。

状況によっては借用書などをここでは書かされるでしょう。

ホストクラブへのツケや売り掛けの支払いが間に合わない

どんな理由であったとしてもホストクラブでの売り掛けやツケが書類を交わしていない個人間の約束であったとしても、期日までに間に合わなければ何かしらのデメリットは存在します。

芸能人がそういった未収が原因で出禁になったり、週刊誌などに突然スクープされた事件もありました。

結果的には、ホストクラブで派手に豪遊したお金がどのような形で支払われ、回収されたのかはわかりません。

事実として、元々タレントだった女性が今では落ちぶれて水商売で働くような状況になっています。

これが一般人となると、結果的にどのような不幸な末路が待っているかは想像するだけで恐ろしいものです。

回収業者にホストクラブのツケの支払いが回される?

これは正規であろうとそうでなかろうと、ホストクラブへの貯まったツケの支払いが間に合わなかったり、バックレてしまうと回収業者に回されてしまうこともあります。

そうなると最早、法律云々の問題ではなくなってしまうこともありますので、注意しなくてはいけません。

基本的には東京だけでなく地方都市でもホストクラブを運営する経営者やオーナーは、そういったツケや売り掛けの回収業者と繋がっていないわけがありません。

また、一度でもそういった飲み代が回収できなければ従業員にも示しがつきません。

そういう意味でも確実に様々な方法を使ってお店にとって損がないようにするでしょう。

ホストでの売り掛けやツケは法律的には払わないで済む?

基本的にはホストクラブで遊んだ飲食代や料金の売り掛けとしてツケとすること自体が法律的にはグレーになります。

お店側としては、もしお客様である女性が飲み代を支払えなかったとしても、ホストから回収できるので特に問題はありませんので暗黙の了解となっています。

成績をあげたりナンバーワンが欲しいばっかりに、焦って売り掛けでも良いからとお店でお金を使うことを催促してしまうと、締日に回収できなくなって焦ってしまうことになります。

法律上は弁護士などに相談しても、売り掛けは裁判になると民事訴訟でどちらが勝つかは状況によって判断しきれません。

更に、回収しようとするホストに脅されたりして借用書にサインなどをしてしまえば、圧倒的に不利になってしまいますので売り掛けをするのは危険なことであることを理解しましょう。

売り掛けを飛ぶことができないくらいまでに追い詰められることも

やはり、ホストクラブに売り掛けをしてして、期日までに支払いができないとリスクは大きく回収のために職場や家族などを追い込まれる可能性もゼロではありません。

夜の水商売ですから、基本的には一般人では通用しない、普通の社会ではあり得ない事もあります。

売り掛けの支払いが出来なければ、水商売で働くことを勧められたり、AV女優に斡旋されたりも漫画や映画の様にあり得るのです。

身の危険を感じるほどホストに売り掛けの回収で追い込まれた時にできる最終手段はまずは警察や弁護士などに相談をすることです。

世の中では、大きくは報道されない物のホストの売り掛けや女性がツケを払えずに飛ぶことで、沢山の事件が起きていることも事実です。

最終手段!大至急、今日すぐに必要なお金を用意できない時の工面方法

このページの先頭へ