イメージ画像

出産費用って高いけどみんなどうしてる?

待望の赤ちゃんに恵まれることは、喜ばしいことです。

必要となる高額費用に関しては、あまり歓迎できません。

貯金に余裕がある夫婦は問題ありませんが、分娩・入院合わせて約50万円という全国平均額は、決して安いといえません。

出産費用に充てるお金を用意できない場合、どうすれば良いのでしょうか。

いくつかの方法をご紹介します。

お互いの親族に立て替えてもらう

まず、出産費用のお金を用意できない場合のもっとも手軽な方法として、プライオリティが高いのは身内から借りるという手段が挙げられます。

夫側妻側いずれかの親族に大至急、相談し、費用を立て替えてもらいましょう。

この場合、特別な取り決めなどをしない限り金利は発生しません。

出産費用だけでなく赤ちゃんのために用意しなくてはいけないものは沢山あります

また返済期間なども、一般的な金融業者から借りるのと異なり、余裕をもって決めてもらえたり、もしくは期限は落ち着くまでいつでも良いとしてくれたりするかもしれません。

出産を予定している夫婦にとっての大事な子供が生まれる瞬間は、各両親における孫が誕生する瞬間でもあります。

これが最終手段ではなくまず初めに、出産費用の状況を素直に話し、これは誠意をもって相談すれば、金銭的不安がない限り、すぐにできる工面方法がないのであれば快く立て替えてもらえることに期待が持てます。

どうしても出産費用が足りないときはどうする?

出産一時金直接支払制度を利用する

50万円弱という費用は、決して手軽に用意できる額でもありません。

そのため出産費用がネックとなる夫婦は、決して少なくありません。

近年は、少子高齢化が問題となっており、子作りが推奨される世の中です。

そうした出産費用の支払いの不安に捉われることなく進んで子作りが行われるよう、十分なお金が用意できない親にいくつかの便利な制度も今は存在しています。

まず一つが、出産一時金直接支払制度です。

これは平成21年10月から開始された、健康保険に加入している場合、出産後申請することで約2週間~2ヶ月以内に返金不要の補助金が受け取れる制度です。

金額としては、一児につき42万円で、さらに双子、三つ子やそれ以上である場合も人数に応じて倍増します。

出産費用以外にもミルクやオムツは必需品です

ただ在胎週数が22週以内での出産、産科医療補償制度のない病院・医療機関でする場合は、一児あたり39万円となります。

日本国内だけでなく海外出産においても、同様の39万円補償となります。

すぐにできる手続きの方法は、まず出産費用は現段階で予定している病院へ健康保険証を正式に提示し、ここで専用の書類を正式に受け取ります。

そして必要事項記入の上、健康保険組合に提出する形です。

申請は出産予定日1ヶ月前からしかできないため、最初の手続きのタイミングには出産費用の工面には特に気をつけましょう。

受取代理制度で後から支払ってもらう

こちらは認可された小規模医療機関に限定して導入されている制度で、万が一、至急にお金を用意できない時は病院の分娩費用を後から支払ってもらう形となります。

また出産予定日2ヶ月前からの申請が可能で、医師の証明が明記された専用書類を用意し、前述の制度と同じく、健康保険組合へと提出して利用します。

自然分娩と帝王切開では出産費用が異なります

帝王切開での出産がわかっている場合

限度額適用認定を予め申請する事ができますので、産婦人科で詳しく説明を聞きましょう。

自分だけでネットで判断をするよりも確実な方法になります。

出産費用だけでなく育児をしていく上で、これから更に様々な支出が増えお金が掛かってしまいます。

ただし、利用できる最低限のセーフティー制度を上手く活用する事で、余計な出費を上手に抑えることができます。

日本の場合は出産費用に関わらず、管轄の役所などが親切に教えてくれることもありませんので、自分で調べて手続きをしなくてはいけません。

申請のやりかたがわからない場合は、産婦人科やクリニックで申請の仕方や手続きまで全て教えてもらうことが大切です。

注意しなくてはいけないのは、住んでいる地域によっても微妙に異なったり、年齢や自然分娩か帝王切開、または吸引分娩や鉗子分娩かによっても変わります。

いきなり、その場で慌ててしまわないように出産の準備段階で専門知識を付けておくに越したことはないでしょう。

国の制度で出産費用を借りるために申請する

出産費用資金貸付制度で貸し付けてもらう

これは、出産一時金直接支払制度の補償金を出産以前から貸し付けてもらえる、事前の出産費用が必要な場合に嬉しい制度です。

出産する本人、もしくは配偶者が健康保険組合に加入している場合に、出産一時金の9割が無利子で貸してもらえます。

申請可能なタイミングは妊娠4ヶ月以降で、母子手帳の写し、出産予定日その他妊娠4ヶ月以上であることが証明できる書類を用意した上、健康保険組合にて出産費用の手続きします。

クレジット支払いを利用する

上記までの複雑な申請をしなくても、出産費用をより手軽に支払える方法があります。

大至急の融資が当てがない時はクレジットカードによるクレジット支払いや分割です。

これは病院によって異なりますが、クレジットカード対応している機関であれば、普段のショッピング同様に分割払いなどとしてもらえます。

赤ちゃんのための環境作りで出産費用以外にかかるお金が

すぐにお金を用意できない場合でも、これなら安心して工面をして出産へ臨めます。

お金を用意できない場合、何より重要な我が子の出産、妊婦の健康状態を理想的な状況で実現できないかもしれません。

高額な出産費用は、このように、お金を用意できない場合でも安心できるさまざまな最終のセーフティー制度や方法も存在します。

うまく活用して、落ち着いた環境で可愛い我が子と対面できるよう工夫してみてください。

最終手段!大至急、今日すぐに必要なお金を用意できない時の工面方法

このページの先頭へ