イメージ画像

ファクタリングとは?資金繰りの最終手段に残された道

簡単に個人事業主や中小企業も資金繰りができる今の時代に合わせて手形が進化したものをファクタリングと言います。

大至急の資金調達が難しい会社にとってこのサービスを知っているかどうかで存続に大きく関わってくる最終手段とも言えるシステムです。

もちろんメリットもデメリットもありますが、何よりも資金繰りさえできれば希望があるという場合には有効なものですので、仕組みをしっかり理解して売掛金を上手く活用する事ができます。

基本的には売掛金があればファクタリングで資金繰りができます

今までファクタリングを知らなかった社長にとっては、手形、以外にこんなにすぐにできる資金繰りの方法があったのかと最終手段としてでもなく驚く方もおられます。

これによって工面できずに失敗してしまう可能性もありますが、必要な資金調達が出来なかったり、または銀行の融資の審査待ちで身動きが取れなくなってしまっているような中小企業にはスピーディーに短時間でお金を準備できるもののため、手数料などが掛かったとしても申込みをされる方は多くいるようです。

資金繰りが苦しい中小企業の味方のファクタリング

売掛金さえあれば銀行の審査で落ちて融資を断られてしまっているような会社でもファクタリングで資金繰りができます。

けして最終手段と言うべきものでもなく、資金繰りは今の時代もっと一般的になって良い、大至急で必要と言えるシステムとも言えるのではないでしょうか。

ファクタリングの業者も年々増加していますし、大手のメガバンク銀行も資本を用意して参入してきています。

三菱UFJファクター株式会社にもある資金繰りのファクタリングサービス

住大手のメガバンクの一つ三菱UFJもファクター株式会社がこのファクタリングのサービスをプランとして持っています。

やはり資金繰りができずに、工面方法もなく潰れていってしまっている会社が多い中こういったシステムが最終手段として残されていると、日本の経済的にもプラスに働く要素の一つと成るのではないでしょうか。

個人事業主でも売掛金が合えばファクタリングで資金繰りができます

会社を運営している経営者の社長にとっては、人件費や材料費などの資金繰りが出来ずに潰れてしまうことほど、悔しいことはないのではないでしょうか。

けして差し引きで見ると赤字になっているわけではなく、売り上げは上がっているにも関わらず、そういった状況になってしまうことは心苦しいと言えるシチュエーションです。

そんな時に融資の最終手段として資金繰りにファクタリングを用いる事で傾きかけた経営を軌道に乗らせることはけして不可能ではありません。

資金繰りができないからと言って最終手段を使わずに諦めてはいけません

人材派遣会社や材料費などが余分に多く掛かったり、大至急、先行投資が必要な会社にとっては毎月の資金繰りが命綱になります。

そういう意味でも個人事業主でも中小企業でも社長であるならば資金繰りの最終手段としてファクタリングを工面の手段の一つとして知っておくとよいのかもしれません。

ファクタリング業者が逮捕されるニュースもある

先日、資金繰りに困った会社経営者にファクタリングという名目で違法にお金を貸し付けた闇金業者が警察に逮捕されました。

実際に逮捕された容疑は貸金業法違反と言うことになります。

中小企業や個人事業主で資金繰りの都合に困った経営者を狙っている悪徳業者がいることは否めません。

結果的にはシステムは既存の闇金と変わらず、対象が個人ではなく個人事業主か法人になっただけで、違法金利で貸し付けて、事業のための返済に困ったら次の業者をどんどん紹介していくというものです。

資金繰りだけでなく社員の給料や仕入れのためのお金が不足してしまって焦っている社長にファクタリングと言う言葉を巧みに利用して近寄ってきますので注意が必要です。

悪徳業者は逮捕されましたが、日本にある全てが無くなったわけではなく、グレーゾーンで暗躍している会社は沢山ありますので詐欺で騙されないように気を付けましょう。

現金がショート不足して資金繰りができない中小企業

特に中小企業の場合、現金が不足して急遽ショートしてしまったり、銀行からの資金繰りができなければ一気に会社が倒産してしまう可能性は高くあります。

また、それは自分の会社だけでなく取引先が原因でそのような状態になってしまうことは良くあるのです。

黒字倒産も中小企業や個人事業主の場合は安定していても、取引先が原因でいつなるかはわからないという不安もある社長もいます。

そういった時の資金繰りの選択肢として、銀行以外の方法をいくつか持っていると良いのですが、ほとんどがリスクがあるものです。

ファクタリングも結局は手数料などを含めるとマイナスの損をしてしまうという事実は変わりはありません。

ただし、会社の倒産や危機的な状況を数年は先延ばしする事はできます。

特に現金が不足してショートしてしまう時の判断は非常に難しいものです。

入金を早めて貰ったり、従業員の給料などは信用を失ってしまうリスクも大きくあるのです。

売掛金をファクタリングして黒字倒産しないために会社の資金繰りをする

今の時代、ファクタリングで資金調達をすることはいざという時でも、とっておきのワイルドカードやジョーカーでもありません。

売掛金が別途あるのであれば、素早くリアルタイムで審査で待っている時間をできるだけ少なくネットだけで資金繰りができるこの最終手段のシステムはデメリットは少ないのではないでしょうか。

銀行などが融資をしてくれるのであれば、以前より得に切り札として使うべきではありませんが、そうでなければ安定するまでは、黒字倒産しないためにも会社の資金繰りのメインの軸としても考えてもよさそうです。

人件費や材料費を捻出するために資金運用にファクタリング

特に人材派遣会社や、アパレルや飲食や個人事業主はある程度の人件費や材料費などが、最初は資金がショートしてもマイナスになってしまいます。

特に立ち上げたばかりの会社やブランドは販売数は上がっていたとしても、資金繰りのキャッシュフローがどうしても必要な期限に間に合わない時などがあります。

これは、どう頑張ってシュミレーションしても難しい状況は、最終手段の資金繰りが安定するまではどうしても工面は難しいのです。

しかし、それでも銀行や信用金庫は歴史のない会社に対しては、厳しいのが現状です。

そうなると、やはり現状ではファクタリングをするしか資金繰りの方法は残されていないという状況も充分に考えられるのです。

いずれにしても資金繰りは、至急で融資を受けれる場所が、ないのであれば積極的に資金調達の最終手段というよりは奥の手として考えておきましょう。

資金繰りのファクタリングなら間に合う


最終手段!大至急、今日すぐに必要なお金を用意できない時の工面方法

このページの先頭へ