イメージ画像

仕事がないストレスがよりネガティブな状況を導きます

ブラック企業、ホワイト企業といった言葉も市民権を得つつある昨今、企業に就職、もしくは転職したものの、環境が肌に合わず早い段階で退職を考えるという人も少なくありません。

次のお金が貰える仕事がないなら退職は最終手段です。

辞めたものの仕事にありつけず、路頭に迷ってしまうという展開も十分考えられます。

辞める前に、まずは現状が改善できるような"プラスの最終手段"に取り組んでみてはいかがでしょう。

マイナスをプラスに捉える

仕事を辞めたくなる理由は、働く会社や人それぞれでしょう。

例えば、給料が業務内容に見合っていない、人間関係がうまくいかない、セクハラ・パワハラが辛い、結果が出ない、といったところでしょうか。

あくまでこれらは負担であると思っているからそうなる訳であって、むしろ必要でプラスな存在と考えれば、日々のストレスを溜めずに働けます。

こうした思考法は、ポジティブ変換ともいいます。

自分に合う仕事がない場合でも食いつなぐ方法を探す

仕事に見合わない給料は、昇進へのモチベーションにここから繋げられます。

人間関係の不一致は、自身の許容を広げることに役立てられます。

上司からの嫌がらせや、なかなか見えてこない先行きもまた、お金の工面方法としてだけでなく自分を将来的にも高めるための試練と捉えてみてはいかがでしょう。

大至急でないなら使うべきではない最終手段は耐えかねるほどの仕事でのストレスも、自己研鑽に活かせるありがたい存在と思えてきます。

仕事が見つからないとお金がなくなり焦る?

辞めたい理由と並行して辞めたくない理由も考える

辞めたいと強く考えているとき、頭を大きく占領しているのは、辞めたい理由かと思われます。

仕事は、最終手段ではないにしろ生活に必要なお金を工面し生きていく上で不可欠な存在です。

考え直してみれば、辞めたくない理由、辞めないことのメリットも容易に誰にでも思い浮かべることができるはずです。

そこで一度、辞めたい理由と辞めたくない理由の双方を思い浮かべてみてください。

安定した給料が受け取れているのは会社のお陰、転職してまた一から新しい経験を積むのであれば、大至急、仕事に今の経験を活かし続ける方が効率的、また嫌いな上司もいれば、尊敬できる上司もいるなど、いずれもものごとは表裏一体です。

仕事は悪い面と良い面の双方を比べて、本当に辞めるべきかどうか考え直してみましょう。

良い面の重要性を見つめ直すことで、また新たなモチベーションを掴めるかもしれません。

有休を使ってリフレッシュ

ある程度働き続けていれば、多くの会社でもらえるのが、有休こと有給休暇です。

一定の日数を、仕事は出勤時とほぼ変わらない賃金が常時発生しているにもかかわらず、有意義に完全休暇の時間に充てられます。

会社での大きなストレス、不安を一気に忘れて、存分にリフレッシュしてみてください。

東京に比べると地方は圧倒的に仕事がない

満足のいくひと時が送れれば、それによる気分転換はもちろん、有休という福利厚生を与えてくれた会社への心からの感謝も感じられることでしょう。

現在の環境がいかに恵まれているかを自分で見つめ直すことで、仕事へのモチベーションは取り戻せます。

人材不足の日本の今の状態で仕事がないことはない

良い条件の仕事でなければあるという状態

今、一時的に無職で困っている人の多くは単純に仕事が無いというよりは自分の条件に合う案件がないというのが正確なのではないでしょうか。

人材不足だと言われている日本の経済状態において、選ばなければ働ける場所は多くあります。

しかし、実際はブラック企業と言えるような労働形態や環境であることがほとんどです。

単純に何でも良いから働きたいと言えば、田舎で地方でない限りハローワークに言って一つも仕事がないということはありえません。

また、今はネットでも簡単なアルバイトを見つけることは難しくないような状態です。

引きこもりや人とのコミュニケーション能力が苦手だという方も仕事を見つけることはできます。

最終手段としてではなく、当たり前に職業訓練校などを利用するのも一つではないでしょうか。

不安定な精神状態では次の仕事は見つからない

信頼できる上司に相談する

これはまさに最終手段といったところでしょう。

会社への辞意は、会社を不満に思っていることの表れでもあるため、仕事の最終手段は基本的に社内の関係者へは言いにくいものです。

お金よりも本当に耐えられないほどの負担が続いているなら、信頼できる上司へ相談してみてください。

頼りになるアドバイス、気持ちの込められた仕事に対するアドバイスにより、精神的負担は以前より和らぎ、また上司への感謝の念から、もう一度これから働いて頑張りたいと思えてくるかもしれません。

ただこの際、相談する相手は慎重に選びましょう。

信頼に値しない上司の場合、相談を逆手にとり、またさらなるハラスメントや嫌がらせをしてくるかもしれません。

場合によっては、必要に応じて辞めさせないように何か会社ぐるみでグレーな策を講じてくるかもしれません。

出産を控えている女性は丁度良い仕事がない

本当に自分のことを想ってくれる、頼りがいのある上司に相談することが不可欠です。

何年か同じ会社で働いていると、組織の悪い部分もだんだん見えてきて、人により、仕事を継続することが精神的に負担に感じられてくるかもしれません。

至急に辞めるというのは最終手段です。

その前に、工面する方法や融資が見つかるまでは辞めずにいられる最終手段もお金以上に考えてみてください。

考え方一つで、負担は大きく和らぐケースも十分考えられます。

最終手段!大至急、今日すぐに必要なお金を用意できない時の工面方法

このページの先頭へ