イメージ画像

今月のクレジットカードの支払いが使い過ぎて間に合わない時の最終手段

今の時代クレジットカードでの買い物が当たり前になっている上に、支払いをしている感覚が少なく、いつのまにか翌月もしくは翌々月にまとめてくることがあります。

あまりに高額になり過ぎてクレジットカードの支払いが間に合わない、口座振替のための残高が足りなくなってしまうということがあります。

特に毎月の収入と支払いのバランスが同じ位になっていて余力としての貯金がないと、延滞してしまうことになります。

そうなってしまわないように無理をして、一括払いを選択しないことも最初にできる一つの方法です。

特に男性は見栄を張って高額な買い物もクレジットカードの支払いを一括にする傾向にあります。

また店員さんに見栄を張ってしまったり、どうしても分割の二回や三回払いと言うのが恥ずかしいというような無駄なプライドを持っている方もいるのです。

しかし、仮にそのような方法で毎月厳しく、大至急では間に合わないのにも関わらず、クレジットカードで買い物をしたとしても、更に後からカスタマーセンターやネットから支払い方法を分割払いやリボ払いに変更できますので、すぐに対処方法を用意して手続きをしましょう。

カードの支払いが間に合わないで延滞するとすぐにブラックに?

たった一回でもクレジットカードの支払いが間に合わなかったからと言ってすぐにブラックになってしまう可能性は初回では低いでしょう。

ただし、仮にブラックにならなかったとしても事実として支払日に引き落としができなかった、約束を守らなかったという履歴は確実に残ります。

それを何度か繰り返せば契約しているクレジットカード会社に毎回、対処できずにいつも間に合わないお客様と言う印象は残ってしまうでしょう。

その後の支払いも滞ってしまえば確実にマークされ、契約情報についてのチェックの確認の電話連絡があったりする事もあります。

またお金を用意する事で延滞ししばらくいると、ショッピング枠が停止されてしまったり限度額が少なくなってしまうこともあります。

支払いが間に合わないと強制解約になる?

強制解約になるまでの期間は契約している会社によって異なりますが、クレジットカードの支払いのお金が間に合わない場合は、口座引き落とし日より前にカード会社にその旨を連絡するようにしましょう。

そうすることによって、次の決められた日までにお金を用意できれば、いきなり最終手段の強制解約されてしまうということはないでしょう。

それでもクレジットカードの支払いのお金が間に合わなかった履歴は残りますので、これから先の信用問題に関わってくるでしょう。

どうしてもクレジットカードの支払いが間に合わないならリボや分割払いに

人によっては一括払い以外を全く使用していないというお客様も多くいます。

口座振替の銀行引き落としの額が大きくなりすぎてクレジットカードの支払いがどうしても間に合わない場合は、買物をしたその日でなく後からでも分割払いやリボ払いに変更できますのでそうやって対処する方法が良いでしょう。

注意しなくてはいけないのは銀行引き落とし日の何日前までの変更払いが可能になるかはカード会社によって異なります。

例えばJCBカードの場合は、指定されている口座振替日の6営業日前までとなっていますから、3日前になって最終手段はこれしかないと突然どうしてもクレジットカードの支払いが間に合わないから変更したいとなっても不可能なのです。

契約している会社によってこの営業日日数は異なりますので注意しましょう。

クレジットカードの支払いが間に合わない時にできる最終手段の方法

現在、どうしても何らかの理由で僅かなお金が用意できずにクレジットカードの支払いが遅れるような迫られている場面にできる最終手段をいくつか用意しておきましょう。

一つ目は他にもクレジットカード会社と事前に契約をしておくということです。

仮にそこにキャッシング枠が余っているのであれば、銀行やコンビニでも簡単に融資を受けることができますので、それをクレジットカードの銀行振替の口座に振り込むという対処方法になります。

これはけして最終手段と呼べるほど難しいことではなく、クレジットカードの支払いに間に合わない時に全く働いてない専業主婦が旦那に内緒でできるほど簡単なやり方です。

これは自転車操業の始まりで、一度やってしまうとなかなか元の状態にまで戻すのが難しくなります。

ボーナス前など任意の返済を計画的にできる見込みが確実にある時でないと、それが自分の首を逆に絞めてしまうようなことになりますので、仮にクレジットカードの支払いがどうしても間に合わない場面でも最終手段として事前に用意しておきましょう。

再引き落としや電話での催促なども

催促のハガキや手紙や電話が直接届くようになった時点でもまだクレジットカードの支払いが、どうしても間に合わないで困っているのであれば、その時点でもう既にブラックとして金融事故者になっている確率は高いと言えるでしょう。

大至急どんな最終手段を利用してもまずはお金を用意して口座振り込みの銀行にすぐに返済するもしくは届いたコンビニなどの払い込み用紙ですぐに入金しましょう。

クレジットカードの引き落とし日に間に合わないのが自転車操業の始まり

一度でもクレジットカードの引き落とし日に支払いが間に合わない状態になってしまった場合は、早急に対処方法を考えてお金を用意しなければ、どんどん借金が膨らんでいくでしょう。

ほとんどの自転車操業の始まりが、この引き落とし日にお金が準備できずに焦って他の金融機関で工面するという流れが引き金となります。

既に、買物をしている額がキャパオーバーになってしまっているために、どこかで無理をしたり調整しなければ自然とクレジットカードの支払いが遅れる状態が解決できるとは思えません。

自分の返済能力をもう一度ここで見直す必要があります。

そうしなければこの自転車操業の負のスパイラルは終わることなく、毎月の利息や手数料でどんどん借金で苦しくなってしまうでしょう。

ほとんどのスタートがクレジットカードを使い過ぎて、調子に乗って高額な買い物をし過ぎて支払いが間に合わないという所からです。

気が付かないうちに延滞してブラックになってしまっているケース

最後に一つ注意しなくてはいけないのは、けしてお金が用意できないわけではなく、ただ単純に契約している銀行の口座にお金が入ってないでクレジットカードの支払いができない状態で、入金が間に合わないのではなく忘れているということです。

特に何らかの理由で引越しをしたり、結婚をしたり転職をしたりして新たな銀行口座を作ったりした時に、この状態が頻繁に起きやすくなります。

クレジットカードの支払いが全て同じ銀行口座からの引き落としになっていないので自分も気が付かない間にマイナスになり残高不足となってしまっているのです。

特に複数枚のカードを持っている方などは、忘れないように気を付けなくてはいけません。

いくらお金はあったとしても契約している会社からすれば、最初に決めた引き落とし日に残高が不足して全くない状態です。

どんな状況であれ、クレジットカードの支払いが間に合わない状態ですから延滞となり、いつの間にかブラックになってしまいます。

最終手段!大至急、今日すぐに必要なお金を用意できない時の工面方法

このページの先頭へ