イメージ画像

香典のお金が用意できないのは社会人としてマナー違反?

人の死は突然、訪れるものでいつ誰が突然死ぬかはわかりません。

死ぬ前から香典なんて考えたくはない事ですが、明日身内の誰かが無くなってしまう可能性もあるのです。

そういった意味で、急に香典のお金を最終手段を駆使しても用意しなくてはいけない必要な場面が来ることがあります。

香典は予め準備するものではありません

この費用を計算して予め準備していくことはいけないことですし、あまりマナーとしてはよくありません。

危篤となって緊急で病院に搬送された場合や、ある程度の年齢になったケースでは、万が一の時のために香典と専用の香典袋を購入しておくのは、現状では仕方がないことでしょう。

その際はお世話になった人であれば、5千円や1万円というのはお金を用意できないのは忍びないものです。

年齢にもよりますが、関係性に見合った額を融資を受けるにせよ工面して香典として包むようにしましょう。

どうしても香典が用意できない時は葬式に参列しない?

いくら手持ちのお金が無くて、香典が準備できないからと言って、長年お世話になった人のお通夜やお葬式に参列しないのは社会人としては情けない行為です。

仕事や距離などの都合でお通夜には間に合わなくても、告別式には参列できるのであれば、お別れの挨拶をするに越したことはありません。

翌日であれば、最低でも香典を用意する時間はあるはずです。

どうしても香典のお金がないときは借りるべき?

大至急では交通費や宿泊費などがどうしても間に合わない時も出てきて、融資の最終手段も使わず何かと理由を付けて、工面方法がないと即座に諦めてしまう方もいるかもしれません。

それでも家族や親戚の場合はいくら香典のお金が用意できないからと言って、そんな理由でお葬式やお通夜に行かないのは悲しいことでしょう。

そういった意味も踏まえて、日頃からこういった万が一の時のための準備をしておくことが大人としての必要な大人のマナーになるのではないでしょうか。

額は少なくても香典を包んで参列しましょう

香典はいくら包まなくてはいけないというマナーや礼儀だけでなく紙幣の向きや新札を使わない等の決まりがあります。

そういった事を守れば、絶対に額はこれだけ包まなくてはいけないというのは地方それぞれの仕来りや家庭内での考え方などもあります。

家族や親と話をして、額を決めるというのも良いですが、無理をして5万円や10万円ではなく3千円や5千円、1万円でも本当は良いのです。

お金がないなら香典の額は気にせず参列しましょう

お通夜やお葬式で参列する際に香典を払えないから恥ずかしく気まずいだとか、申し訳ないとかは気にせずにまずは心を尽くして参列をすることを考えましょう。

親戚や仕事関係のお付き合いなどで距離がある故人でも、もう二度と話したり対面して逢うことはできません。

お世話になったことがあるのであれば、差し出す香典の内容のことは気にせずに、まずは足を運んで心からのお線香を上げることが一番大切なのです。

冠婚葬祭の中でも、人生最後のお葬式はもう2度と逢うことができないために無理をしてでも絶対に参列するという方もいます。

結婚式よりも重要視する方は多くいるのです。

もちろん、それは価値観や考え方の違いもありますので、絶対ではありませんが、お金がないことを理由に最後の挨拶ができないのは故人も悲しむでしょう。

香典のお金くらいの余裕は社会人の大人として用意しておきましょう

社会人として問われるのは、こういった冠婚葬祭の時の大人の対応ができるかどうかです。

香典のお金が用意できない事は、大人として非常に情けない事ですし、信用を失ってしまうことにもそこから繋がりかねます。

お通夜には間に合わなくても、告別式には香典のお金を用意できるように、常に良い環境を作っておくべきです。

大人として香典のお金を用意できないのは恥ずかしい

仮に、手持ちに今はなくても借りることができる友人や会社の同僚などを作っておくべきです。

家族や親戚の葬式だからという理由を告げなかったとしても、何も聞かずに三万円位は無利子で貸してくれる関係性を持っておくことはお互いに大きく重要なことです。

お金がないから香典は払わなくてもいいや、親しかった知人のお葬式にはいかなくてはいいやでは、やはり一般的に理由問わず、工面できないのは大人として常識を疑われてしまうでしょう。

飛行機や新幹線の往復の交通費も香典以外に掛かります

仮に、親戚や家族が揃っているような場所で、そんな至急時の情けない状態が周囲に発覚してしまったら、親や兄弟にも迷惑を掛けてしまうことにはなります。

また、必要な融資は飛行機や新幹線で移動しなくてはいけない場合の交通費も同じことが言えます。

万が一のケースのために最終手段の用意をしておくことが、香典も含めた大人として当たり前のことです。

最終手段!大至急、今日すぐに必要なお金を用意できない時の工面方法

このページの先頭へ