イメージ画像

銀行のカードローンでお金を借りたいのに審査に落ちて借りれない理由とは

お金を借りたくて銀行のカードローンに申込みをしたのに、審査に落ちて借りれないで困っているお客様が急増しています。

その理由として考えられるのは、マイナス金利で経営難になっている銀行は、保証会社を建てる事で本来の規定よりも緩い審査でお金を貸してその金利で利益を出していました。

それに対して金融庁が多重債務を産む根源の一つとして、今後厳しく取り締まっていく流れにどんどんなっているのです。

当然、審査なしや、収入証明書不要などでは今後はなくなってきます。

更にお金を借りたくても総量規制の対象外である銀行カードローンでは審査に落ちて借りれない層は膨れ上がるでしょう。

だからといって、その後の受け口がないことも問題です。

今の段階で審査に落ちるならしばらくはお金を借りれない

まず、現在、お金を借りたくて大手のメガバンクでも、地方の都市銀行でもカードローンでも、申込みをして残念ながら審査に落ちてしまったお客様は他を当たっても確率で結果は同じで借りれないでしょう。

総量規制の対象外である銀行のカードローンでは、年収や過去の借入履歴だけでなく、お客様の個人の金融情報は恐らくほとんど持っていると言ってよいでしょう。

過去を遡る年数は5年もしくは7年などネットでは審査についての噓くさい噂は流れていますが、どれもあまり信憑性は高くありません。

どこかの審査に落ちてしまった場合は他の銀行のカードローンで通る可能性はそれを踏まえると、相当低い状態と言えます。

メガバンクの銀行のカードローンは更に審査が厳しくなる?

超マイナス金利と言われている現在の日本の金融業界において、今まで保証会社が回収の作業を全て行っていた銀行のカードローンは初めてであったり、過去にキャッシングの事故の履歴がなく他社からの借入がなければ審査に落ちることは少ないと言える状態でした。

今後は金融庁からの圧力などで、返済能力がないお客様が借りることはどんどん難しくなっていき、それが簡単には借りれない状態になっていくでしょう。

消費者金融にお金を借りたいけど残高在りで借りられない

既に消費者金融から借り入れがある場合は、総量規制の上限額の制限の問題で年収の三分の一までしか借りたくても借りれません。

仮に年収が300万円だった場合は、100万円までしか借りることができないという内容の計算になるのです。

既に借りている消費者金融の借入額が50万円しかなかったとしても、返済が滞亭ると審査に落ちてしまうこともありますので最悪でも元金だけでも期限を守り返済をしていくようにしましょう。

最終手段として残しておくことは、実は無難な様に見えますが、借りれるうちに使用していなくても持っておくというのは収入が安定しない今の日本の経済において一つの手段かもしれません。

将来的には契約をしているということはイコールその分の総量規制に影響する事になります。

これはクレジットカードのショッピングではないキャッシング枠の額も同様です。

消費者金融では借りられない理由があるお客様も

職種や働いている会社の社内規定などで、消費者金融から融資を受けることができない借りたくても借りれない方もいます。

公務員などの職業でも同じことが言えます。

この場合、消費者金融で収入証明書を出したとしても実際にキャッシングの審査に通るかどうかは定かではありませんが、仮に申込みをしてしまった履歴が残ってしまうことでバレてしまうことが怖いのであれば借りたくても辞めておいた方が無難でしょう。

どこからもお金を借りれない理由はブラックだけじゃない?

既に自己破産や債務整理などをしているブラックの状態でなかったとしても、どこに申込みをしてもお金を借りれないことはあります。

金融機関からの借入だけでなく、住宅ローンや携帯代の割賦払いなども注意しなくはいけません。

また理由がわからなくてもどこの審査にも落ちてしまって借りれないからと言って、次から次へとありとあらゆる金融機関に同時に申込みをしてしまうことが原因となってしまうこともあります。

それ以外にも家族や兄弟で金融事故を起こした方がいれば、当然ながら、登録された住所などが完全に一緒であったり、登録した電話番号も同じであれば借り入れができないこともあるのです。

いずれにしても簡単にブラックだからとか無職だからとか自分で決めつけるのではなく、他に借りられないマイナス点の理由がないか細かく調査してみる必要があります。

問題点がわからなければ、このままずっと状況は変わりません。

自分でお近くの指定信用情報機関のCICや日本信用情報機構のJICCなどで情報開示をしてみましょう。

そうすることで今の自分の個人情報がどのようにブラックリストに掲載されているかを調査で知ることができます。

無職は保証人なしではどうしてもお金を借りれない

正社員でもバイトでも仕事をしていない無職の状態では、銀行や消費者金融を何件、窓口に直接や無人契約機でも足を運ぼうが身内の保証人なしではどうしてもお金は借りれないで終わってしまうでしょう。

収入がない状態では返済能力はないのですから、お金を融資をするわけはありません。

総量規制を無視しての銀行カードローンの過剰融資が問題になっており規制はどんどん強化されていくでしょう。

正規の収入証明書がなければ借りれる額は低くなり三菱東京UFJ銀行カードローンで200万円→50万円、三井住友銀行カードローンが300万円が50万円になるほか、みずほ銀行カードローンも厳しくなるでしょう。

イコールメガバンクだけでなく信用金庫や地方銀行もこれに従う形となります。

収入証明書なしの無職では保証人なしでお金を借りることは難しい状態になるでしょう。

また更に既に複数の融資を受けている多重債務者であれば消費者金融での審査も難しくなってくるでしょう。

審査に落ちて借りられない!お金を借りたい時の最終手段とは

既に銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングでの審査に落ちてしまって、お金を借りたいのにどうにもならない、どこにも借りれない状態になってしまったらどうすればよいのでしょうか。

この先はソフト闇金や違法な業者しか残っていないのでしょうか?

金融庁の調べでは、三年以内に消費者金融に借入をしているお客様が、闇金融で融資を受けてしまう割合は3%となっています。

そして更に5%が闇金で融資は受けなかったものの、借りたいという希望はあったというものになっています(今のお客様と同じ状態です)。

役所に行って相談したり、法テラスや国民生活センターに行ったり支援を受けるしか残されていないのでしょうか?

逆に言ったら、国や市区町村の制度は、最終手段として残っているということです。

また、恥ずかしい情けない思いをしても身内に頭を下げるという方法は、既に行ったでしょうか?

ほとんどの場合、家族や知り合いに借りたくても、詰まらない見栄やプライドや自尊心が邪魔をして借りれないでいるケースがほとんどです。

本来は金利など無駄なお金を払わなくて良い、一番最初にできる手段のはずが、自分一人で解決をしようとしてどんどん追い込まれてしまうのです。

今すぐどこにも借りれないのではなく借りてはいけない状態

今の、状況はどんな最終手段を使用してでもお金を用意するべきではなく、銀行のカードローンの審査にも落ちてしまう、消費者金融でキャッシングをしたくても借りれないのですから、本当は融資を受けてはいけない人であることを自分で自覚しましょう。

冷たい言い方をすれば社会的に見ても返済能力がない人、もしくは信用がない、お金を貸したら損をしてしまう人と言う評価になります。

そうなると、逆にそのような状態で困っている貴方にお金を貸してくれるのは金利が法外な違法業者しかないのです。

審査にどうしても落ちてしまうお客様は銀行や消費者金融ではなく国や市区町村の制度に迷わずに相談をすることを考えましょう。

最終手段!大至急、今日すぐに必要なお金を用意できない時の工面方法

このページの先頭へ