イメージ画像

住宅ローンが払えない人が急増している理由とは?

今は10年後の日本の経済がどのようになっているかは専門家でも誰にも予想はできません。

そんな中で人生の一番大きな買い物とも言える家や土地を住宅ローンで35年の契約を組むのです。

安泰だと思われていた一流の企業だって来年には潰れていたり、会社が倒産してしまう可能性はいくらでもあるのです。

そこまで行かなくても会社の経営が悪化したりだけでなく、個人が病気になったり怪我をしたり、家族がもしもの場合そうなってしまうこともあるのです。

今まで余裕を持って支払っていた住宅ローンが急に苦しくなる確率はどこの過程にもあり、それが今は急増しています。

その理由としては、一番の収入のピークでプランを組んでしまうことにもあります。

結婚の年齢が遅くなり、30代半ばや40代前半で住宅ローンを契約をする男性が以前よりも増えました。

その一番の良い状態を維持する事が今の日本の経済では難しいということです。

順風満帆だと思われていたライフスタイルは、住宅ローンが厳しい負荷となり一気に生活そのものを変え、苦しく追い込んでしまうこともあり得るのです。

【条件】持ち家がある方

家を売却した後もそのまま今の家に住みたい方に

住宅ローンが払えなくても勝手に競売や売却はない

映画やドラマなどのイメージで言うと、住宅ローンの支払いができなくなってしまうとすぐに家を追い出されてしまったり、任意で売却をされてしまうシーンがありますので、勘違いしている方も多く居るようです。

一回でもどんな理由であろうと延滞をしてしまうとブラックリストに載ってしまって、お金が借りれなくなることもありません。

額的にはどうしても住宅ローンは大きいのでどうしても支払いが苦しく辛くなると不安になってしまうものです。

いきなり自分の家が売られたり、催促状が届いてしまうことはありません。

どうしても住宅ローンの支払いが厳しくなった時には悩んでいる前に懇意の銀行に相談をしましょう。

病気や怪我が原因で住宅ローンが払えない

加入している保険の内容によっては、ぎっくり腰などの軽い怪我や精神的なうつなどの病気が原因ではお金がおりない事もあります。

そうなってしまうと今よりも更に働けなくなり収入が減り、住宅ローンの支払いが厳しく苦しい困難になってしまうこともあります。

これは共働きの夫婦などでも注意しなくてはいけません。

どちらか一方が働けなくなってしまった際の住宅ローンの支払いができなくなったらどうするかまでプランは考えておいた方が良いでしょう。

それは本人だけでなく家族の介護などが必要になった時もどうようです。

どんな理由であれ、住宅ローンの支払いが難しくなった時の対応策は今から考えておいても損はないでしょう。

延滞をしてしまったり滞納したままになってしまう前に、融資元である銀行などの金融機関に、早期の段階でもう一度プランを融資元に相談しておくこともおすすめです。

無理をして組んだ住宅ローンの支払いが厳しい

男性にとっては憧れの一戸建てのマイホームですから、多少返済プランに無理をしたとしても後悔しないためにはより良い物件を購入したいと思うのは当然のことです。

いくら念願だった一家の主に慣れたとしても、生活の出費が苦しくなってしまっている家庭は多くあります。

年2回のボーナスも住宅ローンの支払いにあてなくては余裕がないようなカツカツの返済プランを一度組んでしまうと少しでも収入が減ってしまうと一気に崩れてしまいます。

それを見通していればよいのですが、専門審査の段階では年齢的にもまだ30代半ばだったり、40代前半ですと健康状態も含めて働き盛りなので、自分が今よりもこれから先に極端に稼ぎが少なくなってしまうこととは考えずらいことでしょう。

いくら本当に苦しくなったとしてもどうしてもマイホームを手放したくないという家庭は沢山あります。

子どもの学校のことや友達や親の介護などのことを考えると、住宅ローンの毎月の支払いで苦しい思いをする方が家が無断で競売にかけられてしまうことに比べたら屁でもないと思う方は多く居ます。

それでも、結局は収入とのバランスが悪ければいくら金利の良いところに借り換えをした所で、この先も厳しいことには変わりはありません。

何を優先するかは個人それぞれの価値観にもよりますが、本当の意味での豊かな暮らしを送るためにはどうすればよいのかをもう一度考え直す必要性があるのではないでしょうか。

35年間ずっと住宅ローンを払い続けられるか不安

以前までは、男性は一家の主になることは一つのステータスでありました。

結婚をしているかどうかも含めて、一人前と言う意味でも判断基準の一つとなっていたのです。

今は時代は変わり、不安定な経済状態の中で無理をして、いつ払えなくなるかもわからないような35年の住宅ローンを組むことはリスクでしかないという意見も多くなっています。

もちろん東京や関東と地方都市では考え方は異なりますが、ステータスや男性としての信用として家を持つというスタイルが変わってきているという傾向にあります。

持ち家と賃貸のどちらが得かと言う判断は誰にもできません。

それでも、30代後半で住宅ローンを組んでから35年間、返済の前倒しはするものの、これから先70歳を超えるまでずっと支払いを続けていける能力を維持できるかと言うのは難しい問題です。

そういう意味では不安を家を買う必要がないという声も特に物件が高い関東などでは増加している傾向にあります。

支払いが厳しく困難になると不安!住宅ローンの借り換えは?

今の時代、いくら大手で安泰と言われているような一部上場の企業でも倒産をしてしまうことがあります。

住宅ローンの契約をした当初はボーナスも夏も冬も出ていたのに、苦しい会社の利益の減少と共に大幅に減額になったり、厳しいとカットになってしまうということも可能性としては充分にあり得ます。

その時はけして無理をしているプランではなかったとしても毎月の支払額が一気に負担に変わってしまい支払いが困難になることもあります。

そうなった時には住宅ローンをより金利が低い所に借り換える家庭も出てきます。

毎月の支払額が毎月2万円でも減らすことができれば、35年ローンではない計算方法に短気に組み直すことも可能です。

注意しなくてはいけないのは、住宅を所持しなくてはいけない理由があるかどうかと、今後の世帯収入の増加はあり得るのかということです。

どんな理由であれ、借り換えたとしても家の売却をしない限り、ずっと返済は毎月していかなくてはいけないものです。

毎月の家賃と比較して、どちらが良いかをもう一度考えるタイミングなのではないでしょうか?

これから子どもの養育費なども必要になったり、親の介護などが理由で更に収入が減少してしまう可能性もあります。

ボーナスなどで苦しい時は住宅ローンの埋め合わせをしているような家庭では更に、借り換えではなく本質的なプランの見直しが必要になります。

特に男性は家を手放したり売却をすることに抵抗がある方の割合が多くいますが、今の時代、無理をして毎月の固定費を掛けるリスクが正しいかどうかは判断やジャッジは難しいと言えます。

住宅ローンの口座引き落としが間に合わなかったらどうなる?

単純にお金がないという理由だけではなく、うっかりミスなどで契約している銀行の口座に入金をしておかないと住宅ローンの引き落としが苦しい訳ではないのに間に合わない事はよくありますがどうなるのでしょうか?。

どうしても時間やスケジュールの都合上で間に合わない時はすぐに銀行に電話をするようにしましょう。

翌日や一週間以内であれば特にすぐに催促状が来ることはないでしょう。

実際には銀行の履歴には延滞のデータが登録されてしまいます。

今後、住宅ローン以外に何かお金が必要になる時には不利になってしまいます。

そういう意味でも、銀行の口座にはもしもの時を踏まえて一ヶ月分くらいは余裕を持って入金をしておくと安心できるのではないでしょうか。

住宅ローンは毎月の支払額も大きい上に、金利などを考えると引き落としが間に合わないとマイナスになってしまいます。

今後、特に大きな買い物はする予定はなかったとしても、個人の信用履歴に関わってきます。

更に、家族や兄弟の審査にも響いてしまうことも、額によってはあるかもしれません。

それを踏まえると、うっかり口座から住宅ローンの支払いができないことや残高が足りない状況にならないように注意しましょう。

最終手段!大至急、今日すぐに必要なお金を用意できない時の工面方法

このページの先頭へ