イメージ画像

ご祝儀は親戚なら5万円、友達でも3万円以外に二次会の分も

たまにの結婚式でのご祝儀なら当たり前の様に用意できる家庭でも、月に二回や連続して何度もとなると家計へのダメージは大きくなります。

一般的には最低でも家族である兄弟や親戚でも5万円、友達でも3万円は披露宴に参加するのであれば、ご祝儀を新札で用意しなくてはいけません。

既に自分が既婚者で式を挙げた方ならわかることですが、披露宴ははっきり言ってご祝儀を計算した予算の中で成り立っています。

招待していたにもかかわらず、至急でご祝儀のお金が用意できないという理由で当日キャンセルしたり欠席すると、その分がマイナスになってしまうのです。

それを踏まえて、やはり、せっかく招待されたのであればご祝儀を無理をしてでも参加するというのが礼儀ということになります。

ご祝儀だけでなく地方なら交通費も掛かります

考えなくてはいけないのは、数時間の電車やバスでの移動で参加できる披露宴なら良いですが、そうでなければ、ご祝儀の他にも交通費が更にこれに掛かります。

新幹線や飛行機の往復のチケットをまずは自腹で購入しなくてはいけません。

そうなってくると地方での式に参加する際は安く見積もってもご祝儀と二次会の参加費用、往復の交通費、更に時間的にも日帰りができない距離であれば宿泊費用も掛かります。

それを踏まえると連続して何度も呼ばれると素直にお金が間に合わないので喜べないくらいの、準備できないくらいの工面しなくてはいけない額の用意が必要になってくるのです。

大人としてご祝儀を用意できないのは恥ずかしいこと?

基本的にはご祝儀を披露宴の際は受付で支払ってから参加するので、至急時ではないのであまり大人で用意できないからと払っていないケースは見掛けません。

兄弟の場合は、関係性によってはご祝儀はお互いなしにするというような約束をしていることもあります。

それでも、お金がないからという理由だけでご祝儀を用意しない事は大人としてはマナー違反になるでしょう。

海外で二人で式を挙げる時などは、知人が参加してくれるだけでお金のご祝儀は要らないというような場合もあります。

その際は飛行機のチケットや宿泊費などで、逆に頂けるご祝儀よりも高くついてしまうことが殆どです。

嫌な噂はご祝儀だけでなくすぐに広まります

友達の結婚式を招待された時ではなく、当日にお金がないという理由だけでなく、急遽キャンセルしてしまうと、やはり、ご祝儀がどうという前に印象は悪くなってしまいます。

それが仮に風邪を引いてしまったり、子どもが入院するような重い病気になってしまったりしたようなケースなどでは、やはり、後日、お詫びも含めてご祝儀を渡すことが大人のマナーです。

そういう事が自分から出来なければ、悪い噂が起ってしまっても仕方がありません。

またご祝儀は友達でも最低でも三万円は、大人の暗黙のマナーとなっています。

勝手に連名で払ったり、披露宴に参加するのに必要なお金が用意できない間に合わないからと言って一銭も払わない、また工面する事が出来ずに、これは一万円しか絶対に払わないというのは人格を疑われてしまっても仕方がない事なのです。

披露宴に参加してご祝儀を払っていないのはバレる?

まず自分で結婚式をしたことがない方はわからないかもしれませんが、一般的に披露宴に参加したのにも関わらずご祝儀を誰にも払わなければ、まず新郎新婦にはバレると考えて良いでしょう。

お金の管理に全く関わらない親が主催の場合はわかりません。

ほとんどの場合が引き出物などを含めて差し引きを考えて計算しているので、マイナスに大きくなれば誰かがご祝儀を払っていない、もしくは想定していたよりも少なく払っているというのがわかってしまいます。

特に親戚や会社の上司などとなると、ある程度の大きい額を貰えることが期待されていることは否めません。

それにもかかわらず、参列したのにお金がないからとご祝儀を払わないとバレてしまうだけでなく、その後の大事な人間関係にも大きく影響を与えてしまうことになります。

そういう意味でも年齢に応じて最低限の額は用意しておいた方が良さそうです。

地方での結婚式ならご祝儀と交通費と宿泊費で10万円以上

遠距離での場所で披露宴が開かれると、参加するのにご祝儀を含めた目安としては10万円はお金を用意する必要があると考えましょう。

大事な家族がいるとしたらその人数分まではいきませんが、飛行機や新幹線のチケットはいずれにしても事前に支払いしなくてはいけませんので、一家4人で参加するのであれば、20万円程度は見積もっておいた方が良さそうです。

また、固定給でない人の場合は、参加している期間はバイトやパートもできないこと、シフトを入れることができないことで次の月も負担になることを把握しておきましょう。

当然のことながらその分、次の月の給料は減ります。

ご祝儀のことだけでなくそういった部分まで計算しておかなければいけません。

女性でも男性でも20代後半から、30代半ばにかけて次々と連続して友達が結婚していくという時期が訪れることがあります。

そうなると特に無駄遣いしていないのにご祝儀の出費だけでも、お金を用意できないような結婚式貧乏となってしまいます。

仮に年間で10人の友達のい披露宴に参加したとすれば、それだけでご祝儀は年間で30万円も支払っていることになるのです。

ご祝儀は後から足代で差し引きゼロにはできないことも

ご祝儀は特に遠距離で参加した場合は電車賃の足代として自分に返ってくることもあります。

しかし、それがないこともありますので、大至急ではない為に工面するのが厳しいからと言って、それに対して文句を言うことはできません。

いずれにしても、通常はご祝儀は一度、最初に払わなくてはいけませんから、やはりお金は事前に用意しなくてはいけないのです。

少なくとも招待状は半年くらい前に来ているはずですから、その時点でご祝儀とそれ以外の交通費や宿泊費などもその段階で用意しておいた方が、間に合わないで焦らなくて済むのではないでしょうか。

最終手段!大至急、今日すぐに必要なお金を用意できない時の工面方法

このページの先頭へ