イメージ画像

初期中絶費用の相場はトータルでいくらかかる?

初期中絶費用の相場

妊娠してから5~11週目、日で計算すると35日から77日までの期間は初期中絶手術となります。

最初の検査に1万円~2万円程度、中絶手術に7万円から15万円程度が費用の相場となります。

総額で上限が20万円位のお金を用意しておけば問題ないのではないでしょうか。

誤差はありますし、過去に出産経験があるかや、初回かどうかで額が変わります。

最初の診察やカウンセリングの時にトータルでいくらになるか人工中絶手術の費用の見積もりを計算して貰いましょう。

中期中絶費用の相場

妊娠してから12週目~21週目、比で計算すると78日目から147日までは中期中絶費用となります。

中期は妊娠してから何週目かによって手術の方法が異なります。

費用だけではありませんが、早ければ早いほど金額も安くなりますので、少しでも早く決断をした方が良いでしょう。

目安としては14週前は30万円前後15週目以降は50万円未満と見積もっておいてよいかもしれません。

その理由としては母体の安全性を確保するための全身麻酔や人工中絶をするための手術の難易度の高さなども関わってきますので、まずは母体保護法指定医である担当に診察をしてもらいましょう。

中絶費用の分割払いができる病院やクリニックを探す

お住まいの地域で人工中絶の費用の分割払いが可能な病院やクリニックを自力で探すことは現状も難しいでしょう。

それでもクレジットカードでの支払い方法が可能であるならば、リボや分割払いもできる所もあるでしょう。

中絶費用は健康保険が適用されませんので、どうしてもお金は安くても7万円から20万円くらいのお金は必要だと計算しておきましょう。

初期でなく期間が妊娠12週から22週になってしまえば更に中絶費用は高くなり手術も本当に難しいものとなります。

妊娠中絶費用と偽って振り込め詐欺の事件が増加している

非常に残念なニュースですが、振り込め詐欺の手口の一つとして親に人工中絶に掛かる費用が払えないからと言って高額な請求をする悪質なケースがあります。

また、オレオレ詐欺でも実家の両親に弁護士のフリをして電話をするパターンもあります。

いずれにしても、早くお金を用意しなくてはいけないと無駄に焦ってしまい騙されてしまうようです。

既に2013年の時点では年間で644件も中絶費用の要求を手口にした内容の振り込め詐欺が頻繁に起きていますので、これからも右肩上がりになっていくでしょう。

今後も特に気を付けなければ巧妙な方法で騙そうとしてくるので、予め予防するためには家族で定期的に電話連絡を取っておく必要があるでしょう。

彼氏が中絶費用を払ってくれない場合はどうする?

中絶費用の全額を彼氏に払ってもらうべきか?

まず交際している相手である場合は、責任があるのは彼氏である男性だけでなく、コンドームで避妊をしなかった女性にもあることを認識しましょう。

その上で、人工中絶は時間は一刻を争う訳ですから、彼氏に全額負担もしくは半分でもお金を用意して貰いましょう。

そういった責任を負うことができない男性も世の中にはいて、彼氏一人だけ残酷にも女性をおいて逃げてしまうこともあります。

いずれにても、彼氏には中絶費用に掛かるお金のことだけでなくこれから先にことを相談しなくてはいけません。

こういう時に彼氏が家族や友達などに頭を下げたり、色々な手段を駆使して病院での手術の金を用意できるように行動できないのであれば、この先も信用して一緒にいることは難しいでしょう。

彼氏が人工中絶手術の費用を払わない時の請求方法は?

まず、どうしても人工中絶が必要な時の費用を払わない時は、彼氏の親や友達などに心を開いて相談をしましょう。

「本当に相手が自分なのかわからない」とか「他の男性ではないのか?」などと請求をしても白を切るような、折半をすることにも応じない場合は弁護士に相談する事を持ちかけましょう。

中絶費用以外に慰謝料を請求することも

例えば相手が既婚者だったりするケースで、子供を認知しない場合には、病院の中絶費用だけではなく慰謝料なども請求できることがあります。

相手の出方次第ですが、結婚している男性との赤ちゃんができたケースでは裁判に縺れ込むことも多くあります。

不倫の場合は女性側が妻から愛人として訴えられてしまうこともありますので、注意しましょう。

一番に考えなくてはいけない何よりも優先すべきは人工中絶手術の期間と安全性です。

人口中絶手術実施率の年齢毎の割合は?20代が3割

平成25年度の厚生労働省の調査では人工妊娠中絶実施率は10代が約32%で20代が約31%と6割となっています。

30代は約17%で40代は3.7%というデータとなっています。

半数以上が10代、20代という数字になっています。

女性だけでなく男性も望まない妊娠をしてしまうことのないように、ピルやコンドームだけでなく根本的に避妊について男女ともにもっと考えなくてはいけないのではないでしょうか。

値段の安い病院やクリニックの中絶費用は危険?

近年では中絶費用の値段の安さをを売りにしている病院もしくはクリニックもあります。

そういった所では、母体保護法指定医ではない可能性が高く当然ながらそれに伴い痛みや失敗や後遺症が残ってしまうリスクも伴います。

将来的に不妊で悩まされたり、早産や流産のリスクが高まったり、妊娠する事が出来ない体になってしまうことのないように、人工中絶手術は値段の安さだけではなく安全性も重要視しましょう。

中絶手術後の後遺症や合併症のリスク

  • 子宮頸管無力症
  • アッシャーマン症候群
  • 胎盤ポリープ
  • 前置胎盤
  • 癒着胎盤
  • 精神的ストレスによる生理周期の乱れ

中絶費用が払えない時はすぐ自分の親や家族に相談しましょう

まず人工中絶手術の費用がどうしても今すぐ手持ちになくお金が必要な場合は、自分の親に相談を真っ先にしましょう。

出来れば、直接会って話ができれば良いですが、妊娠した女性の状況や体調にも関わってくることなので、電話やメールでも良いですから今すぐに事実を伝えましょう。

誰にも話さず隠したまま、結局、妊娠中絶薬でもオペでも費用が用意できないまま妊娠21週と6日間が過ぎてしまい、そのまま勝手に自宅やトイレで出産し産まれた赤ちゃんを放置してしまった事件などもあります。

お金だけの問題ではなく子供をおろさなくてはいけない悲しい場面と言うのは女性一人では不安です。

必ず、中絶手術について今すぐに相手だけでなく親に相談をしましょう。

妊娠を隠し通すことははっきり言って不可能に近いことなのです。

子供をおろす中絶費用はお金だけでなくメンタルのケアも必要

確実に言えるのは、中絶手術を行う際は初期であろうと中期であろうと女性は費用だけでなく精神的なダメージも大きく傍に一緒に入れくれる人が必要です。

メンタルのケアをしてくれる親や家族、パートナーが居なければ罪悪感で心に大きな傷を負ってしまいます。

それくらい人工中絶手術と言うものは女性にとっては一生消えることができない大きなトピックとなります。

望まない怖い妊娠であったとしても、男性ではなく傷つくのは女性の体と心なのです。

そういう意味でも、特に若い方は人工中絶は費用のお金の面だけでなくメンタルの面でも信頼できる相手に相談しましょう。

万が一、相手が来れないのであれば、親や兄弟などの家族に付き添ってもらうようにしましょう。

一人で中絶手術をしに母体保護法指定医がいる病院やクリニックに行くことは、これから先の将来を考えるとリスクが大きいことです。

最終手段!大至急、今日すぐに必要なお金を用意できない時の工面方法

このページの先頭へ