イメージ画像

手持ちの現金が欲しいときにすぐに出来る方法とは?

どうしても今すぐ現金が欲しい理由で一番多いのは?

普通に生活していれば支払い方法はいくらでもあるため、今となってはどうしても現金が欲しい場面なんて会社でなく個人の場合は少ないように感じます。

しかし、実際は手持ちがないとどうしても困るような状況は沢山あります。

その中でも一番に多いのは、やはり何かの支払いや返済日に入金しなくてはいけない分の現金です。

冠婚葬祭や光熱費や公共料金などもありますが、それ以上にクレジットカードにしろ住宅ローンにせよキャッシングにせよ、支払日の返済に間に合わないという理由が多くほとんどです。

現金が欲しい時にやってはいけない危険なこととは?

人間の生活において欠かすことのできない水は、基本的には二か月おきの請求になります。

どうしても返済や支払いに間に合わない時に絶対にやってはいけないのは、新たに融資を受けるためにカードローンや消費者金融に新規で現金が欲しいからと言っていくつも登録をしてしまうことです。

結果的には、これは更に自転車操業を大変にさせる悪循環の入り口です。

既存あるもので、何とかする事をしなければ、今の状況はますます悪化してしまいます。

最終的に借金の元金を払うだけの現金が欲しいような状態であれば、いけません。

洋服や家電だけでなく、家にあるものを今すぐに見積もりして貰い買取りに出すような努力はしましたか?

消費者金融やカードローンに手を出すのは簡単ですが、リスクはずっと付きまとうことを忘れてはいけません。

見つかるとヤバイ?クレジットカードで現金が欲しい時に作る二つの方法

どうしても現金が欲しい時にクレジットカードですぐにできる二つの方法のうち、一つは契約しているカード会社に見つかろうがけしてヤバイということはないものです。

クレジットカードのキャッシングは通常は10万円程度の枠が設定されています。

最初に合えて「使う予定がないから」と外したりしなければ現金が欲しい時にキャッシングができるシステムがあります。

これであれば、新たに消費者金融や銀行のカードローンに新規で契約をする必要はありません。

仮に現金が欲しい理由がクレジットカードの支払いに使用する目的だったとしても、とりあえずは今のヤバイ状態、ピンチの状況を少しだけ引き延ばすことはできます。

金利もしっかりと上乗せで掛かってしまいますが、コンビニですぐにが引き落とせますので、ピンチに今すぐにできる方法の一つになります。

現金が欲しい時にクレジットカードで買い物をして売るのはヤバイ?

実は、頻繁ににクレジットカードが持っている人であれば、誰もができるのは購入したものをすぐに仲介業者に売るという種類の方法です。

これを行うにはリスクが付きまとうことを忘れてはいけません。

なぜなら本来、お金がどうしても欲しいからと言って、クレジットカードは転売目的での使用やネットの買い物は利用規約で認められていないからです。

当然ながらカード会社に見つかってしまえばヤバイ状態になり即座に契約解除もあり得ます。

お客様が買い物をしたものをその後どうしているかはどうやっても調べることは難しいでしょう。

仮にそれがカード会社に詳細を調査する事ができたら、それはそれで個人情報のプライバシーの侵害で、いくら大手とはいえお客様との距離感が問題になります。

そういった意味ではお金が欲しい時には、買取りなどを含めてクレジットカードを活用して打開策を見つけ出しましょう。

クレジットカードがあれば現金がない時でも大丈夫?

特に海外などでは現金がないと支払いができなかったり、限度額などでクレジットカードを使用したくないような状況があります。

またチップなどは必ず紙幣で払いますので、全く持ち合わせがないとマナーを守らない日本人になってしまいます。

日本ではクレジットカードだけで困ることは少ないですが、それでも支払い方法が一つに限定されていることもあります。

小銭を持つのが煩わしいと電子マネーで全ての支払いをしている方も増加しています。

スマホでもお財布ケータイやWEBマネーが使用できたりしますが、やはり、これから先どのように便利になっても現金が全くない状態で暮らしていける世の中になるにはもう少し時間が掛かるのではないでしょうか。

またそうなったとしても、システムのトラブルやサーバーのダウンなどでどうしても使用できない時も来ることがあるでしょう。

いずれにしても、常に現金は必要最低限はある状態にしておいた方が無難なのではないでしょうか。

現金でしか支払いがコンビニでできないもの

公共料金や携帯代などはいくらクレジットカードがあってもコンビニの窓口では支払いはできないので注意しましょう。

それ以外にもコンサートのチケット代なども支払い方法が限定されていることがあるため注意しなくてはいけません。

もちろんキャッシングができるものであれば便利なコンビニならATM機器でお金を引き落とすことができます。

しかし、それはイコール借金をしていることになり金利が掛かりますので気を付けましょう。

また、一度でも使用してしまうとほとんどの方が癖になり、頻繁にこの枠を現金がない時に頼るようになってしまいます。

どんな理由でもそうなってしまうと、多重債務のきっかけとなってしまい、早めに完済をしてしまわないと延滞などをしてしまえば、履歴にも残ってしまいます。

誕生日はプレゼントよりも現金が欲しいのが本音

家族や兄弟など身内になると、誕生日プレゼントよりも現金が欲しいというのはよくあることです。

特に親から子供への贈り物はある程度の年齢になると、欲しいものがわからなかったり、せっかく選んでも喜んでくれなくなるために、これで好きなものを買いなさいとお金を渡すようになる家庭が多くあります。

もちろん、そうでなく誕生日に不相応でて絶対に欲しくてもあり得ないという考え方の人もいますので注意しましょう。

友達もプレゼントではなく正直現金が欲しい

友達同士で誕生日をお祝いする時にはプレゼント選びが楽しいトピックスになるわけですから現金が欲しいというのはやってはいけないNGです。

いくら仲が良かったとしても、本当は要らないものを貰うくらいだったらと考える人は実は多くいます。

むしろ、お互いにお祝いをするのは友達と話にするというのができれば無駄な出費は嵩まなくて済みます。

そんな中、本音ではいくら現金が欲しかったとしても、マナーやエチケットとしてプレゼントを選ぶようにしましょう。

今すぐ現金が欲しいならメルカリやヤフオクよりも買取り

とにかく今すぐに現金が必要なら、メルカリやヤフオクなどネットを通すよりも自分の足で買取業者に向かった方が確実です。

金券ショップや質屋がなければ古本のブックオフなどでも良いでしょう。

今すぐにその場で査定をしてくれて現金を手渡してくれるような場所が時間や手間はどうしても掛かってしまいますが安心でしょう。

もちろん、同時進行でメルカリなどのアプリやヤフオクなども駆使してもよいかもしれません。

しかし、不確定な方法よりも必要な額の現金を手にするには買取業者に直接行くのがベターなのではないでしょうか。

手持ちがないから着払いで代引きで受け取る分を払えない

ネット通販で代引きで頼んでた荷物が届くのに手持ちがない!どうしても今日、買物した商品を受取りたいからその分のお金が欲しいというケースは意外にもよくあります。

給料日前などでお金がないピンチにも拘らず我慢できずに洋服などを代引きで買い物をしてしまった。

しかし、着払いをできる額の手持ちはないけれど、どうしても荷物を受取りたいシーンが女性も男性も多くあるのです。

その場でクレジットカード払いに変更できるのであれば、問題はないのですが、それが不可能な場合にお金が欲しい時にはどうしたらよいのでしょうか?

仕事の都合や親戚や家族からの用事で今日中に着払いのお金を用意して代引きで受け取りたい時の対策はあるのでしょうか?

手持ちがない時の着払いを受取れるお金が欲しい時

現金が必要で欲しい時は、冷静な判断をしなくてはいけません。

いくら手持ちがないからと言って、今日中に受け取らなくてはいけない代引きを諦める必要はありません。

今の時代は現金を作る方法はいくらでもあります。

とは言っても、1万円から3万円程度であれば、家にあるものを買取りに出したり何かを売ったり友達に借りるなどをすればどうにでもなります。

しかし、今すぐに現金が欲しいと言っても5万円以上や10万円以上だとすぐにはどうにもならないことがほとんどです。

予め、そうなってしまう事が無いように代引きでや着払いでの通販は頼んだ時に現金が用意されている状態にしましょう。

着払いで相手が勝手に指定してしまったのであれば、受け取りができないことも仕方がないので佐川急便やヤマト運輸に電話して、再配達をお願いするようにしましょう。

最終手段!大至急、今日すぐに必要なお金を用意できない時の工面方法

このページの先頭へ