イメージ画像

ボーナスが出ないと支払いだけでなく生活が成り立たない

今年は旦那の会社のボーナスが出ない?ボーナス払いはどうなる?

夏のお盆のボーナスや、冬の年末の賞与も今までは当たり前のように出ていたけれど、会社や勤め先の業績に悪化に伴って今年は賞与が減額はおろか手当のカットになるという報告を受けて真っ白になってしまう主婦は少なくなりません。

家計は全ての計算が賞与があることを前提にされている場合や、ボーナス払いを返済ローンのプランの回数に入れてクレジットカードなどで買物をしていたら、賞与がないとお金を準備できないという状況になってしまうでしょう。

早めに特別報酬が出ない事を報告されていたとしても、どうやっても用意が間に合わない可能性は充分にありますので対策が必要になります。

ボーナス払いは賞与カットの時は返済しなくて良い?

様々な都合でボーナス払いができなくなってしまたり、ローンの返済が賞与カットでお金の準備が出来なくなってしまった時は一体どうすればよいのでしょうか?

相手はその旨を伝えれば仕方がないことだと、許してくれるのでしょうか?

基本的には、ボーナス払いというのはこちらの状況は関係なく、ただの返済をしていくプランの一つでしかありません。

賞与カットによって家計が圧迫されようが延滞してしまえば金利が重なってどんどん返済額は増えてしまいます。

旦那のボーナスが出ない事になった…どうする?

一番最初にできるボーナス払いが出来なくなってしまった時の対応策は住宅ローンでも銀行のキャッシングでも契約をしている会社にその旨を伝えてもう一度プランを組み直すことです。

今回の冬もしくは夏の時期の一回だけボーナスが出ないのであれば、大至急でも一回なんとかして工面して持ちこたえればそれで問題はないことです。

しかし、冷静に考えれば今回お金を用意できないのは、賞与の全額カットもしくはボーナスの減額があるということは、この先も将来、充分その可能性が会社や務めている勤務先ではあるということです。

会社の賞与が減額またはカットになってクレジットカードの分割ローンが払えない

クレジットカードで買い物をする時に年2回のボーナス払いを選択したものの、何かしらの理由から賞与が減額になったりカット、もしくは特別報酬が出ないで支払いのお金を用意できないという状況になった時は工面方法はどうすればよいのでしょうか?

何かしらの方法でお金を準備できるのであれば、分割ローンの返済日に遅れないように入金をすることが一番です。

しかし、何をどう頑張っても給料などからボーナス払いの分を捻出する事が不可能でお金を準備できない場合は、すぐにカード会社に電話をして返済のプランやローンの支払回数を変更しましょう。

また、契約状況によってはクレジットカードの支払い方法をリボ払いにする事も可能です。

ボーナスが出ない時にクレジットカードのボーナス払いはどうなる?

それによって、基本ベースの金利は高くなりますが、将来的なことを考えると入金を滞納してクレジットカードの履歴に延滞が残ってしまうよりは、ずっとボーナス払いができない時の対応策としては本当に良いのではないでしょうか。

クレジットカードのボーナス払いは、支払い方法を変更する事によって、至急時にすぐに必要に対応する事が出来ます。

賞与カットで返済のお金が用意できない時にする事

ボーナスが出ないからお金が用意できないと諦めるのではなく、すぐに支払い方法をできるだけ早くカード会社に連絡をして変更をすることが一番、良い方法となるでしょう。

返済日を過ぎてしまうと、どんな最終手段を使用しようと結局、特別手当のカットであってもクレジットカード会社からすれば延滞になってしまうのでメリットはありません。

夏のボーナスが出ないと旦那の小遣いもなし

家庭によっては夏のボーナスが家計だけでなく、旦那のお小遣いの高い割合を占めているというケースがあります。

自分の好きな趣味などに費やすお金などだけでなく、家電やパソコンなども臨時収入のときに支払いをしていたと言う場合には、突然のカットは大打撃どころか生活が成り立たなくなってしまうこともあります。

当然のことながら夏と冬のボーナス頼りにしていた支払いをどこからか頭を使って捻出しなくてはいけません。

一番最初に削るところが働いている旦那のお小遣いと言う家庭も少なくないのではないでしょうか。

運よく、全額カットとならなくても減額と言うだけでも、今までと収入が大きく変化するのですから赤字になってしまうのは仕方がないことです。

そういう意味ではボーナス払いをしている場合は、万が一のときのことも事前に計算に入れておく必要があるということです。

仮にそれが多少の節約で対応できるレベルの額なら良いですが、そうでない場合は賞与がゼロになることも、計算しておかなくてはいけません。

住宅ローン以外は、出来る限り最初に返済プランを考える段階で夏のボーナスは計算のシュミレーションして視野に入れておかないほうが良いでしょう。

3月の年度末などで調整できるくらい余裕を持っていると、焦らないで済むのではないでしょうか。

車や住宅のローンの返済にボーナス払いがある場合は?

ボーナスが出ない時に車や住宅などの大きめな額のローンは大きな痛手となり、お金を別途用意する事はそもそもできないような返済プランになることはよくあることです。

賞与が出た時の返済額にもよりますが、設定が1.5倍、もしくは2倍などになっていれば、正直、特別報酬のカット家計へのダメージは大きく貯金を切り崩さなくてはいけなくなってくるでしょう。

それを考えると、車や住宅ローンの場合はボーナス払いはカットがあることを考えると最初からしない方が良いか?というとそうでもありません。

実質、毎月の支払額はボーナス払いを使用する事で抑えることができますので、毎月の負担を減らすことはできます。

また、住宅ローンを組む時に賞与払いがあったのであれば、それを利用するメリットはあるのです。

しかし、万が一、至急時に運悪く特別報酬が減額になったり、賞与カットなどでお金を用意できない状況もあることを視野に入れておいた方が、比較すると良いかもしれません。

それは就いている職業にもよりますし、ボーナス払いのメリットやデメリットはこの先の経済の状態にも関わってくるので個人差はある話になってきます。

住宅ローンのボーナス払いができないならプランを組み直す必要性

年2回の賞与がこの先出るかどうかの見通しはあくまで不確定なものになりますので、ボーナス払いができない状況を優先して返済プランの見直しを行いましょう。

会社の収益や業績が良くなってまたボーナスがでたり、賞与が格段にアップをすることがあればその時に繰り越しで特別報酬で返済をすればよいだけです。

ボーナス払いができない時は返済プランをすぐに見直し

あくまで住宅ローンや車の分割払いなど金額が大きい買い物をする際は、最悪な状態を考えておかないと必要なお金を準備できずに途方に暮れてしまいます。

ましてや、当然ながら金額が大きければ返済に遅れてしまった時の金利も大きくなります。

あっと言う間に借金が膨れ上がってしまいますので、ボーナス払いができないような状態でお金を用意できない時は最終手段ではなく、第一選択肢として返済プランの工面や見直しをまずは忘れずに行いましょう。

一度、住宅ローンを組んでいる場合は、この先の審査などよりも入金日を守ることが、誰にとっても大切です。

最終手段!大至急、今日すぐに必要なお金を用意できない時の工面方法

このページの先頭へ