イメージ画像

借金をしてまで結納金は用意しなくてはいけないもの?

結納金は、嫁ぐ際の支度金という意味合いで男性から女性側へ送られるお金です。

結納金の金額の相場は西高東低といわれていますが、給料2~3か月分という考え方が一般的です。

基本的には結婚する男女の問題ですが、女性側の家庭がしきたりを重要視するタイプであれば、用意できない場合、破談に繋がる可能性も十分考えられます。

そんな状況を避けるための結納金の最終手段、ご紹介します。

女性側が両親を説得する

基本的に、結納金を支払うことは法律で決められている訳でもありません。

必要があるかどうかは、家庭次第で、人によってはしきたりや誠意に過ぎません。

相手の親とも結納金については相談しておきましょう

ただ、受け取る側である女性の両親がそれを重んじるタイプの性格であれば、大至急でも工面すべき結納金はお金が用意できない事の内容に必須の存在となります。

親が結納金をなしにすることができないパターンも

消費者金融を利用する

説得や家族への相談でもなおお金を用意できないのであれば、結納金は最後はやはり金融サービスに頼る形となるでしょう。

双方両親に、そして結婚相手へ知られることなく、必要なお金が用意できる嬉しいシステムです。

近年の消費者金融は、最短30分程度で貸してくれる場合もあるほど便利な存在となっています。

うまく活用して、結納金は結婚という夢に役立ててみてはいかがでしょう。

借金する以上は大至急、返さなくてはなりません。

見栄を張って、自分の稼ぎに見合わない多額融資を受けて結納金として渡せば、その後待っているのは、工面する事は出来たとしても恐ろしいと言える借金地獄です。

結納金が結婚をするためのネックになっていることもある?

破談を避けられる借金に追われながら送る結婚生活は、傍から見て決して順風満帆といえません。

最終的に待っているのは、別々の道を歩む離婚という悲しい結果かもしれません。

消費者金融を個人で利用する場合、あくまで返済可能な範囲を超えない将来を考えた額にしましょう。

結納金は、お金を渡すこと以上に、古風なしきたりや誠意を重んじる意味合いが本当に強い将来的にも関係性を左右する存在です。

ですがそれだけに、誠意をもって頭を下げたり説得したりすることで、女性側両親に考えを改めてもらえるようなケースも考えられます。

最終手段として消費者金融という方法もありますが、結納金でもできる限りお金を用意できないことのないようにリスクが少ないアイデアで乗り切ってみてください。

結納金や結納返しを出産費用に充てる夫婦も

所謂、出来ちゃった婚や授かり婚という子どもができたことが発覚してから入籍や結婚をする夫婦の場合は結納金や結納返しも柔軟に対応した方が良いでしょう。

急いで出産までに結婚式を挙げるのであれば、その費用も急遽必要になりますし、その後にすぐに出産準備にもなります。

結納金や結納返しに拘ることは間違いではありませんが、一気にお金が掛かる様々なイベントが来るために計画をしていかなければ大変な事態になります。

夫婦間とその家族間で話し合って決めることですが、出来ちゃった婚の場合はまずは何よりも赤ちゃんと母親の体調を最優先しなくてはいけません。

結婚式や披露宴よりも、まずは母子が順調に安定できるように家族で協力をすることが大切なのです。

そういった意味でも結納金は用意できないとなると、その後も心配が尽きないでしょう。

結納金が理由で婚約が破綻してしまうケースもある

まとまったお金が受け取れること以上に、娘を最後まで養う実力があるのか、娘を本当に想っているのかという点を結納金で重要視されます。

それはあくまで気持ちの問題なので、女性側両親の気が変われば、結納金を用意できないことが理由により、破談するという心配も大きく軽減できます。

まず一つの手段として、女性に女性側両親を説得してもらうという方法が挙げられます。

お金以上に、相手への愛が一層深まっている、結納金が将来連れ添う相手として彼以外考えられない、今はお金を持っていなくても将来的にかならず頼りになってくれる。

そんな風に粘り強く話すことで、頑固な両親も折れてくれるかもしれません。

注意点としては、女性もしきたりや誠意を重視するタイプでないか気をつけることです。

もしそうであれば、男性が女性に、十分な結納金を払えないから説得して欲しいと相談した時点で、至急時に融資がないと早速関係性は破談の方向に進んでいくかもしれません。

お金を用意できない状況を正直に伝える

次に、男性自身が女性側両親を説得するパターンです。

正装して、手土産を持って、頭を深く下げにいってみてはいかがでしょう。

結納金やお返しは最初からないものにする家庭も

この際、結納金を用意できない状況を正直に伝えてください。

そして同時に、それでもなお結婚への強い想いがある、幸せにする自信があるといった言葉を伝えてください。

女性側の両親が重要視するのは、ほとんどの場合、やはり何よりも優先は娘の幸せです。

結納金が用意できるに越したことはありませんが、お金を用意できないときの最終手段として、心に響く説得で了承を得てみてはいかがでしょう。

男性側が自分の両親や親戚に相談する

自分でお金を用意できないのであれば、結納金は親族を頼る方法も一つの手です。

女性側両親に持参する際は、そのことを伝える必要ありません。

女性側両親が娘の幸せを願うように、結納金は男性側両親もまた、どうしても工面したいほど息子を想う気持ちは想像以上に強いことでしょう。

お金を用意できない息子夫婦を優しく気遣い、貸してくれたり、負担してくれたりするかもしれません。

最終手段!大至急、今日すぐに必要なお金を用意できない時の工面方法

このページの先頭へ