イメージ画像

家賃の更新料なんて払えないし引越しも出来ない

賃貸の家賃の更新料を合わせて二カ月分なんて払えない

毎月、家賃をカツカツで支払っている方にとって、更新料が払えないなんて逆に当たり前のことです。

10万円のアパートやマンションに住んでいれば、その月の支払いは家賃と更新料だけで20万円以上になることが確定しているわけですから、予め貯金をしておくなり用意しておかなければ、毎月の給料から払うのは厳しいのではないのでしょうか。

本来なら、毎月10万円の家賃なら9千円くらいプラスして残しておくことが2年後の更新を考えておくと、更新料を払えないと慌てないで済むのではないでしょうか。

いくら家賃の更新料が払えないとしても、引越をしたくても10万円の家賃の所なら敷金が2で20万円、礼金が2で20万円、仲介手数料が1で10万円、更にその月の家賃の支払いで10万円の合わせて60万円が費用として掛かります。

それだけでなく時間や手間を考えると、家賃の更新料が払えないなら借りるなりカードローンを組むなり最終手段ではなくても何かしらの対策を用意しなければ急には難しいのではないでしょうか。

2年後にはまた家賃の更新料を一カ月分払わなくてはいけません

一人暮らしの2年はあっという間で気が付くとまた家賃の契約と更新料の手紙がポストに入っていますので、払えない状況をできるだけ脱出しないといけません。

まず、大家と契約の更新の時に家賃の値下げの交渉もしてみることが良いでしょう。

その際に更新料が高額で払えない状態で厳しいことも伝える方が良いでしょう。

この家賃の更新の際の交渉は間違えると、すぐに引越をしなくてはいけない様な状況になってしまうことになります。

それまでに家賃の滞納をしていない事や綺麗に使っていることなど大家や不動産会社との交渉の際に不利な状況を自分で作らないようにしましょう。

不人気の物件の賃貸なら家賃の更新料を払えないでも免れられる?

あなたが住まなければ誰も済まないような、条件の悪い曰くつき物件などでは大家は何よりも空き部屋になることが一番、収入が減り怖いですから、この際は家賃の更新料が払えないとしても強気に交渉ができるのではないでしょうか。

アパートやマンションの周りの空き部屋なども確認してみて、埋まっていなければ、一回目の更新の際にアプローチしてみるのも良いのではないでしょうか。

仮に、1万円でも下げる事が出来て10万円が9万円にでもなれば、今まで通りの家賃の支払額で更新料も二年後には払えますので、やってみる意味は充分にあるでしょう。

二年間の支払額は216万円+更新料で225万円になります。

これが今まで通りですと250万円になりますので25万円の差額ができます。

仮に5千円のマイナスにできたとしても12万円以上お得になります。

それでも駄目な場合は、大至急、何かしらの最終手段を駆使してお金を用意しなくてはいけません。

払えないと大家に相談をすると家賃の更新料がなしになるケースも

住んでいる賃貸物件の状況や地域だけでなく、大家の人柄や性格もありますので、最終手段としては確実なものではありませんが家賃の更新料がどうしても払えない事を相談すると、分割にしてくれたり運が良ければなしにしてくれることもあります。

賃貸している物件の人気度だけでなく、空き部屋状況なども影響します。

大家としては家賃の更新料を全然払えないよりも至急、出て行かれる方が面倒だったり、引越をされてしまうとまた埋めるまで収入が一気に減ってしまいます。

それを差し引きした結果やこれまでの住んでいる年数や更新の回数などによって、状況は変わってくるでしょう。

どうしても家賃の更新料が払えない場合に大家に正直に相談ができるのであれば、一度話を聞いて貰うだけでもしてみましょう。

管理会社や保証会社を通している大家だと家賃の更新料が払えないと厳しい

いくら大家と相談したいからと言っても、管理会社や保証会社に丸投げしているタイプの鉄筋マンションや木造アパートでははっきり言って厳しいでしょう。

契約した仲介手数料を支払った不動産に連絡をして家賃の更新料が払えない状況と理由を説明してみるのも良いでしょう。

注意しなくてはいけないのは、人気の不動産物件で空けばすぐに埋まるような条件が良い場所だと、すぐに退去を命じられるところもあります。

最近では住まいの家賃や更新料が払えないでトラブルになるのが面倒で最初からすべて保証会社が相談ややり取りをすることになっている場合があります。

いくら頑張って説明してもどうにもならないことも多くあるのです。

地域によってはそもそもマンションや家賃の更新料そのものが存在しないので払えないのではなく、2年に一度もないという場合もありますので最初の契約時に確認をしましょう。

家賃の更新料は本当に払わないといけないのか?

法律上では、絶対に家賃の更新料は払わなくてはいけないものなのかと言う質問に対する答えは「契約書にサインをしているならYES」です。

賃貸を契約した際に、更新料の件について何も触れなかったり、サインや署名をしていなければ家賃の更新料は払う必要はありません。

ただし、大家さんと家賃の更新料が払えないからと言って喧嘩をしたり裁判やトラブルを起こすケースは年々増加していますので、万が一、どうしてもお金がなくて無理な場合は出来るだけ早く交渉を開始しましょう。

過去にそういった事で大家や不動産会社がトラブルを起こしていた場合は、そもそも仲介業者などを間に挟んでいることもあります。

そういった場合は、ほとんど家賃の更新料を払えないからと言ってバックレたり逃げることは難しいでしょう。

保証人を立てていれば電話連絡がいきますし、請求も行く可能性が高いでしょう。

関西の大阪や兵庫では家賃の更新料を払わない地域も

どうしても家賃の更新料を払えない理由に、関西や九州など地域によってはこういったシステム自体が存在しないケースもあるからです。

関東や首都圏だけの常識やルールや習慣だったりするので、この家賃の更新料と言うもの事態が馬鹿らしくて払いたくないという方も多くいます。

それは大家や不動産会社と契約時に細かく交渉するべきで、実際に契約してしまって、一年や二年で更新料が必要と言う事になっていれば、それは払わなくてはいけないものです。

現在では東京やベッドタウンでも空き家は多くなってきてはいるものの、やはり人気の物件の賃貸で家賃の更新料が存在しない、払わなくて良い所はほとんどなく、一生懸命探してもなかなか存在しないと言ってもいいでしょう。

引っ越しはできないし家賃の更新料も払えない時の対処方法

更新料を支払うための対処方法としては銀行のカードローンや消費者金融などが挙げられます。

可能であるならば、更新料の分割払いができるか大家や不動産会社に問い合わせてみましょう。

いくらなんでも払えないと言えば困る大家も、分割でも払う気があると判れば、折れてくれるケースも超人気物件でなければあるでしょう。

その理由はやはり空き家にしておくと大家にとっても損しかないからです。

キャッシングも対処方法の一つですが、それ以外に借りないで更新料の支払いができることができないか動いてみましょう。

お金を借りて家賃の更新料を払う方が引越しより安い?

どうしても今の賃貸物件の更新料を払えないからと言って引越しを考える方も多くいます。

冷静になって比較すると10万円の家賃の所に新たに引越しをするとしたら敷金礼金と仲介手数料と、更にその月の分の家賃が一気にかかります。

合計で約60万円位は必要になるのです。

それ以外にも引越し業者に頼んだり、住所変更などや様々な手続きにも時間と手間が掛かります。

細かく計算してみると、大家に頼み込んで分割払いにしてもらってまでも、更新料を払った方が引越しよりも安く済むでしょう。

家賃の更新料は分割や待ってもらうことはできる?

最近ではこういった家賃や更新料のトラブルも増加していて、自分ではなく交渉などを全て仲介業者に投げてしまっているケースがあります。

この場合はいくら交渉をしようとしても対応してくれない可能性が高いでしょう。

だからといって、更新料の支払いを滞納するのではなく一応、待ってもらうことはできるかどうか?分割払いなどが可能か?は大家でも仲介業者でも一度問い合わせてみることは消して無駄にはならないでしょう。

期限の前に家賃の更新料の交渉をしましょう

まず、大切なことは家賃の契約の更新の手続きの手紙や連絡が来た時に、万が一、払える見込みがなかったり、生活が苦しい場合はすぐに大家や管理会社にその時点でできるだけはやく連絡をするようにしましょう。

契約の期限が過ぎてから交渉を行うよりも、早い段階での方が確実に印象は良いでしょう。

大家や仲介業者など相手に対して急に引っ越すのではないかと言う不安を与えないで済みます。

これからも継続して契約を更新したい旨を、この契約更新の手紙が来た時点で伝える事で、相手も交渉に応じてくれる可能性を上げることができます。

家賃の更新料が払えないと大家から保証会社や不動産に連絡がいく?

ほとんどの場合は、賃貸しているマンションもしくはアパートの大家か管理会社、保証会社から2年ごとに契約を更新するかどうかの手紙が届くはずです。

2年ごとに家賃の1カ月分もしくは2カ月分の更新料を入金日までに大至急、払わなくてはいけない(契約内容によって異なります)ので、通常でもやり繰りが厳しい場合はこのタイミングでお金の工面方法を模索する方は多くいます。

また、普段から家賃や生活費などをギリギリで暮らしている場合は、そもそもその月の支払いは間に合わなくなってしまうこともあるのです。

過去に家賃の滞納を何か月かし続けているような場合は、このような更新のタイミングはシビアにならなくてはいけません。

最近では家賃の滞納の問題やトラブルの件数は多くなっていますので、大家もすぐに弁護士を用意したり保証会社を建てたりしています。

いずれにしても普段からの付き合い方も関係しますが、何も連絡なしで家賃の契約の更新料が払えないで滞納したまま放置しておけば保証人に連絡がいくでしょう。

家賃の契約の更新料が払えないからと言って強制退去はすぐにはない?

何らかの理由で家賃の更新料が支払えないからと言っていきなり今月いっぱいですぐに出て行けと強制退去させられるケースはほとんどないようです。

これには大家も手続きや手間が掛かります。

ただし、毎月の家賃はしっかりと納めておく必要性があります。

全てが契約している内容やシチュエーションによって異なりますので、例外もありますが、何か月も既に家賃を滞納しているような状態でなければすぐの強制退去の心配はないでしょう。

最初の敷金として二カ月分くらい先払いしていることがあれば、出ていく時にその分が家賃の更新料を払えなかったものとして差し引かれることになるでしょう。

どちらにしても、バックレたり逃げたりするようなことは保証人に迷惑を掛けたり、余計な出費を産むことになりますので、更新料も含めて家賃を二年計算しておくと安心なのではないでしょうか。

最終手段!大至急、今日すぐに必要なお金を用意できない時の工面方法

このページの先頭へ