イメージ画像

消費者金融を使いたくても使えない職種や職場の人も大丈夫なのは?

どうしても消費者金融が使えない職業の方も使える最終手段

実は世の中には消費者金融を使いたくても使えない、もし借りていることがバレたら困るという職種の方もいます。

公務員や超有名な一部上場企業の方は実は融資を受けたくても、やはり銀行以外ではできないという、最終手段が消費者金融以外にないような状態の方もいるのです。

今の時代、公務員や一流企業に勤めているから安心とは言い切れません。

消費者金融の一覧

  • プロミス
  • アコム
  • レイク
  • アイフル
  • モビット
  • ライフティ
  • エイワ
  • セントラル
  • フクホー

消費者金融以外はやり方は残されていない?

正直何が起きるかわからない世の中ですから、いくら世間的には安泰と言えるような会社だったり公務員だったりしても、突然の支払いの必要に迫られてお金に困る可能性は充分に考えられます。

それでも、キャッシングは身辺調査などがある場所もありますので、将来だけでなく大至急、今すぐにでもバレたら職を失ってしまうと路頭に迷ってしまうのを恐れてどうにもならないで困っている方もいるのです。

一回の消費者金融の利用で一生後悔する事に

そんな時に消費者金融での融資が受けれないと、銀行以外の選択肢はほぼゼロに等しいというのが実情です。

ましてやカードローンが審査なしでできるような消費者金融の他の安全な最終手段と言えるシステムや工面方法はないに等しいのです。

将来のことを考えて消費者金融は使いたくない

今よりも将来のことを考えて消費者金融は使いたくない

街を歩いていれば当たり前のように消費者金融の看板があちこちに無数建てられています。

これだけテレビなどでスポンサーになったりキャッチーな話題になるCMが毎時間流されているにもかかわらず、最終手段でなくても消費者金融を利用する事によるデメリットは未だに大きいと言えます。

日本では身近なものになっているにもかかわらず、これ以外は一度でも融資を受ければ社会的な信用は下がるといっても過言ではありません。

完済しても消費者金融を利用した履歴は残ります

すぐに消費者金融は四球で返済すれば問題はないと勘違いしている方も少なくありませんが、カードローンもいくら数か月で完済したとしても、この履歴は五年以上も残ります。

そうなると将来的に書類審査でマイナスの要因となる可能性は高いのです。

大手の消費者金融以外はさらにリスクが高い理由

住宅ローンの銀行の審査などでは、それが理由で落とされてしまう可能性もあるのです。

消費者金融は最終手段として使用するには利息が高いのでリスキーであると言えます。

他にやり方があるのであれば、出来る限り申し込みはしない方が良いでしょう。

消費者金融への借入が住宅ローンの審査に影響します

仮にこれ以外には借りていなくても、契約した時点で5年間は履歴として残りますし、キャッシングの申込みの履歴も一緒に残りますから、消費者金融が不安要素になることは間違いありません。

また今は安定しているつもりだったり、社員として働いていて返済は難しくない様な状態だったとしても、この先、将来のことを考えると不安で仕方がないという方は多くいます。

住宅ローンの審査の面だけでなく、毎月の返済のことを考えたとしても、万が一の時のことを考えると消費者金融は一度も使いたくないという男性だけでなく若い女性も少なくありません。

また結婚する際に消費者金融からの借入があると困るという意見や、将来、愛する子どもを育てる親になる前に最低限で一度クリアにしておきたいなど、ネットの口コミだけでも様々な情報があります。

一貫しているのは、やはり今は良くてもこの先どうなるかはわからないという不安と、できることなら工面のやり方を考えて、最終手段で消費者金融には必要がないなら手を出さないでおきたいというのがほとんどです。

やっぱり消費者金融はまだまだ怖い?使いたくない理由

借金地獄へのきっかけはほとんどが消費者金融の少額の借入から

まだ消費者金融を利用したことがない層にとっては、これ以外は実はこの融資は最終手段と言われても、どうしても使いたくない怖いものだという意見は実際に多くあります。

特に、30代前半や20代にはどこかしらに借りてしまったら絶対にいけない、必要に駆られて使いたくても使ってはいけないものというような先入観が強く残っているようです。

一番の消費者金融を使いたくない理由は、特に深い意味はなく単純に「怖い」または「将来に対しての不安」などがほとんどです。

これ以外にはないと消費者金融に駆け込むのはまだ早い

慎重と言うべきか、臆病と言うべきか、この世代はそこまでリスキーのあることは恐怖でしないという考えがあります。

それと大至急できるキャッシングを比較すると、消費者金融にあまり抵抗がないのは実は層は40代や50代です。

工面できない事を恥として、なりふり構わず見栄を張りたかったりするとも言われています。

こういった層は、消費者金融を最終手段とも思ってなく、これ以外と逆にすぐに簡単に契約をしてしまって泥沼にはまってしまうケースも良くあります。

どちらが良いかは比較できる事ではありませんが、カードローンや消費者金融の融資を選択するメリットがないのであれば契約をしない方が安全で良いでしょう。

最終手段!大至急、今日すぐに必要なお金を用意できない時の工面方法

このページの先頭へ