イメージ画像

奨学金の返済ができなくても焦らずに出来る方法

少ない負担で学業へ励める奨学金制度は、貯えに不安がある若者を助ける存在です。

この奨学金にはデメリットも少なくありません。

一定以上の学力や、面倒な手続きが必要であり、そして何より、ゆくゆくは働いて返していかなくてはなりません。

公的な制度といえ、仕組み的には借金をするのと同じです。

奨学金の返済できなくて、通告でも送られてこようものなら、大至急、何らかの方法で最終手段を検討しなくてはなりません。

返済が楽になるよう日本学生支援機構へ速やかに申請する

奨学金として日本学生支援機構から借りられるお金は、だいたい300~400万円です。

個人や一つの家庭で用意することが簡単ではない額なので、奨学金制度は嬉しい存在となってくれます。

奨学金返済ができないで困っている若い社会人は多くいます

卒業して社会に出れば、社会人1年目からいきなり300~400万円の借金を奨学金で背負わされている状態となってしまうため、喜んでばかりはいられません。

もちろんそういった特徴を持つ工面するためのシステムであるため、最終手段もなく奨学金の支払いに困らされる人も実際の所は少なくありません。

奨学金の返済を待ってもらうことが手続きできます

決して奨学金の返済に困っているのは少数ではないので、まずその点ご安心ください。

そうした人向けの緩和制度も、ちゃんと用意してくれています。

種類としては、「減額返還」と、「返還猶予」の2つがあります。

まず前者であれば、奨学金は窓口申請により月々の返済を半額としてもらえます。

後者は、返済を一定期間待ってもらうことができるものです。

これらを最終手段として利用するには条件が伴うため、正しい順序に則って行動してください。

最初に、市役所で所得証明を発行してもらいましょう。

奨学金の返済が毎月の支払いの負担になっている

なぜなら、「減額返還」と「返還猶予」には、年収300万円以内でなければならないという決まりがあるためです。

所得証明を通し、年収がこのラインを超えていないか、必要であれば確認しておいてください。

万が一超えていても、被扶養者が同世帯にいる場合や、すでに奨学金減額返還を受けているのであれば、最終手段で工面するための融資は前者で一人38万円、後者25万円の控除がここで受けられます。

これらも活かせれば、状況によってある程度年収が多くても問題なく申請は通せます。

こうした準備が完了した後には、早めの申請提出を心がけましょう。

理由は、奨学金返済を滞納してしまうと、年率5%にて延滞料が負債として上乗せされてしまうためです。

5%とはいえ、最大300~400万円にも及ぶ額の20分の1であるため、決してこれは軽くありません。

余分な支払いを防ぐためにも、速やかに申請を至急しましょう。

18歳から奨学金によって借金を背負うことになる日本の若者

勉強をするために大学や専門学校に高校を卒業して通うことが、奨学金を貰わない限り難しい貧困の家庭は日本には多くあります。

言い換えれば18歳から三桁の借金を背負うというシステムになります。

月の支払いは卒業後20年や30年だったとしても、毎月、これから先、返済をしなくてはいけない長期のローンをいきなり組むことになるわけです。

はっきり言ってしまえば、奨学金と言う制度はその場しのぎの支払い方法でしかありません。

もちろん誰もが新卒で給料の良い、満足できる臨時ボーナスが出るような会社に就職できるわけではありません。

大学を卒業して翌年から22歳で奨学金の返済に毎月追われることになるわけです。

学業のために若者が借金を背負って、苦しまなくてはいけない日本の教育システムは世界的に見ても遅れていると言えるのではないでしょうか。

奨学金返済を諦める?最終的にどうなる?

消費者金融で借金して支払う

上記の軽減策が適用できない、また適用してもな必要な額のお支払いが難しいとなれば、さらなる奨学金の最終手段も急いで考えなくてはなりません。

あまりおすすめできませんが、奨学金の次なる手としては消費者金融における借金が挙げられます。

近年は若いうちからでも借りられる業者が以前よりも増えてきているので、活用できるケースも多いでしょう。

日本学生支援機構への返済滞納もまた、金融業者同様個人信用情報機関のブラックリストに登録される悪い要因となっていまいます。

滞納が続いているようであれば、利用は難しい場合もあります。

借金の借金といった自転車操業の形になってしまうので、大至急、借りられたとしても融資額は少ないかもしれません。

あくまで奨学金は例外的な最終手段と捉え、できる限り働いて稼いだり、家族や親戚を頼ったりするべきです。

最後の最後は自己破産

工面方法としては最終手段になってしまいますが、上記いずれの方法を試してもやはり奨学金返済が難しく、理想的な仕事に就ける見通しも立たないとなれば、最終的には自己破産する形となってしまいます。

事実、こうした前例はあり、裁判によって認められています。

奨学金の支払い義務からは逃れられますが、自己破産という前歴が残る上、連帯保証人の家族や親戚に多大な負担を押し付ける迷惑な形となってしまいます。

できれば、本当に手を出したくない最終手段といえるかもしれません。

どう頑張っても奨学金の返済ができない場合は?

便利な奨学金制度も、一度でも、社会に出れば大きな負担と感じるケースは少なくありません。

日本学生支援機構における減額や猶予の制度を活かすことができれば、負担は和らげられます。

ここでは早めに対策を講じて、消費者金融での借金や自己破産に繋がってしまわないよう気をつけましょう。

最終手段!大至急、今日すぐに必要なお金を用意できない時の工面方法

このページの先頭へ