イメージ画像

もう借金返済不可能だと思ったらどうすれば良いか?

借金返済不可能な額は一般的には150万円?

月に借金返済に充てることができる額がどれくらいになるかは個人差はありますが、150万の借金を返済しなくてはいけないとして、現在の収入を考えた場合、一般的には10万円以上は不可能でしょう。

そこで仮に10万円を確実に用意できたとしても、15か月で一年以上かかるのです。

その半分の5万円に設定したら30ヵ月で二年半の期間ずっと毎月振込日に遅れることなく入金をしていかなくてはいけません。

毎月2万5千円も返済をしても5年も必要になります。

そして、これがその半分の1万円弱であれば150万円を返済するには10年くらい返済し続けなくてはいけないことになるのです。

今この計算を聞いて、苦しい、無理だと感じた人は恐らく誰かの力や相談なしでは150万円の借金を返済する事は不可能でしょう。

注意しなくてはいけないのは、この支払い以外にも生活費が必要になるということです。

現在の収入から家賃と食費だけでなく携帯料金や全ての支出を差し引いてみましょう。

一体、いくら借金の返済に回すことができるでしょうか?

今まで通りの生活や仕事では借金を返すことは不可能なのか?

大手のメガバンクの銀行カードローンにせよ、消費者金融にせよ一般的に借金の返済が可能な上限の額は150万と言われているのは計算として理由があります。

金利を含めて仮に三桁の100万だったとしても、完済するまでには長い月日を要する事が上記の計算で簡単にわかります。

この間中ずっと収入を減らさずに、支出を増やさずにいられるのでしょうか?

今の日本の経済の状態でそんな保証はありませんし、いつボーナスが出なくなるか、病気になるか、働けなくなるかは誰にもわからないのです。

それを踏まえると多重債務で100万円以上の借金となったら返済不可能となることも視野に入れて早急に弁護士もしくは国の期間に相談する事をおすすめします。

節約や貯金などでは100万以上の借金の返済は不可能か?

収入は変わらない状態で、貯金や節約をしながら借金を返済する事はけして不可能ではありませんが、厳しく時間が掛かるものになります。

今まで浪費していた部分の無駄遣いをやめてお金を返す方に少量ずつ回すことはできなくはありません。

しかし、そもそもの生活習慣を少しづつ買えることができないから現在の多重債務の状態になってしまっているのです。

ほとんどの方が今ある借金がどこにいくら返せばよいのか把握しきれなくなっているのです。

その状態ではいくら頑張っても完済は無理で限界があります。

債務整理でなくてもおまとめローンや一本化する事がまず借金の返済をする上では金利を減らすという意味でも重要で、それができなければいくら節約をしても不可能だと言えるでしょう。

そもそも、貯金を徹底して毎月の収入からできるタイプであれば、どん底の多重債務にはならないはずなのです。

長期になればなるほど限界がきてお金を返済できなくなる?

はっきり言って、個人の借金の返済は長期になればなるほど完済が難しくなり、結果的に不可能になる可能性が大幅に高くなります。

ただし、土地や住宅などの不動産ローンや車などのローンでの借り入れは別物と考えましょう。

その理由はこの二つは一括で購入できる人がほとんどいないからです。

これ以外の銀行のカードローンや消費者金融やクレジットカードのリボ払いなどの借入は返済期間を長期にすることは金利の面でもデメリットしかありません。

ほとんどの場合、最終的には元金だけを払うようになり、どんどん金利が期間と共に膨れ上がります。

一度でも、苦しい状態になってしまえばあとは自転車操業でそこからは収入が大幅に増えるなどがなければ借金返済は不可能となってしまうでしょう。

夫が隠れ借金をしていたことが発覚!返済はできるのか?

夫の隠れ借金が妻に不意に発覚し、その返済額が想像以上で妻が途方にくれてしまったり、相続をしたくないから離婚を考えてしまうケースが増えています。

大手銀行のカードローンだけでなく消費者金融やクレジットカードのキャッシングにまで手を出してしまう理由は何故なのでしょうか。

隠れ借金を夫がしてしまう要因の一つとして、プライドや自尊心と言うものがあります。

年齢を重ねると男性は特に、年功序列や先輩後輩関係で収入は上がったとしても、比例して支出も多くなってしまうのです。

そんな中、毎月のお小遣いは変わらないとなると、隠れ借金をしてしまうことになります。

妻に発覚しない限り、自分ひとりでそれを全て返済するまで何とかしようとほとんどの夫が思っているはずでしょう。

しかし、これまでに特に住宅ローンや車以外でキャッシングなどを使ってこなかった男性は、周囲への恥ずかしさと情けなさとで誰にも言えずに隠れ借金をしてしまうのです。

主婦の隠れ借金で返済できないローン地獄へ

最初は額が小さいから旦那に内緒にしておけば良いか、来月には返済できれば良いかと言うのが主婦の隠れ借金のほとんどの始まりです。

この時点で既に間違いなのですが、ほとんどが自分は大丈夫だと言う錯覚に陥ってしまいます。

注意しなくてはいけないのは収入が低い貧困な家庭よりも、そんなに現在はお金に困っていない主婦のほうがハマりやすいということです。

旦那の収入は低くないし、貧乏ではないから大丈夫と言う勘違いから隠れ借金がどんどん積み重なって膨らんでしまうのです。

本来の支払い能力を履き違えてしまうと、結果的には世間知らずの主婦はローン地獄に陥ってしまいます。

生活の基盤やライフスタイルや支出の額を変化させない限り、パートをして返済することは難しいでしょう。

どうやっても借金の返済が間に合わない状態になる前に

最初は5万円程度だった借金が返済が間に合わなくなり、多重債務をしてしまえばあっと言う間に三桁の百万円になります。

簡単に言うと、消費者金融を50万円の限度額で二社と契約した時点で世間一般的にはもう借金が100万円以上あることになります。

それに加えてクレジットカードや住宅ローン、車や今ではスマホの分割払いをしていたとしたら、それが更にプラスされます。

今の段階から収入を増やさない限りどうやっても、毎月、支払日に間に合わないで借金の返済の催促が来るようになってしまいます。

節約だけでは借金の返済は不可能?

既に多重債務をしてしまっている状態であれば、いくら日々の生活を切り詰めて節約をした所で多額の借金の返済は難しいでしょう。

一日値で計算していくらの節約をするのかは、家計や生活習慣にもよります。

しかし、仮に煙草一箱とビール一本を毎日我慢したとして、どれくらいの期間が必要かを考えてみましょう。

煙草460円とビール一本210円だとして、毎日これを節約のために我慢したとしましょう。

そうすると一日が670円、一週間で4,670円、一カ月で20,100円、一年で241,200円になります。

仮に借金が100万円あるとしたら四年以上頑張ってお酒と煙草をやめることができれば良いことになります。

しかし、それ以外で出費などがあれば当然、更にお金は掛かってくるのです。

しっかりと返済プランを立てることができたとしても、出費が重なれば、間に合わなくなり予定通りにどうやっても借金を返済していくことは不可能になります。

一番やってはいけない借金返済方法とは?

絶対にやってはいけないのは、一番は闇金や中小消費者金融などの今よりも金利の高い場所からの借入をして元金だけその場しのぎで返済する方法です。

当事者はそれでも、何とか今月はやり過ごしたと思うかもしれません。

しかし、それは借金返済へは一歩も進んでいません。

むしろ金利を考えると更に遠ざかったと言えるのではないでしょうか。

また、延滞や遅延も同様で入金日に間に合わないと更に手数料や金利が余計にかかってしまうことになります。

一番、やってはいけないと言える借金返済方法はプランから遅れてしまうことです。

そもそも何もスケジュールが建てられていないのであれば一生、完済する事はできないでしょう。

借金返済のコツは無理せずにおまとめローンで一本化

まず現在、複数の消費者金融に多重債務がある方が最初におまとめローンで一本化して一箇所にまとめてしまうことが一つの借金返済のコツになります。

弁護士でも市区町村の役所でもまずはそれを同じように進められるでしょう。

そして、借金返済が終わるまでの数年間の支払い方法とスケジュールやプランを組むことが大切になります。

この際、可能であるならば管理を自分以外でも一緒に行うことが成功するためのコツとなります。

何かしらの理由で銀行やATMで引き落としをしなくてはいけないときや、クレジットカードを使用したい時に一度、自分だけの判断ではなくワンクッションを置くことが無駄使いや節約に繋がります。

実際に、そのような方法を使っても三桁の借金を抱えているケースでは完済をするのは確率的には低いと言えるでしょう。

相談する人は?借金が返せない時はどうするべき?

借金の額にも寄りますが、返済ができないで誰かに相談もできずに一人でずっとストレスを抱えたまま困っているのは精神的な状態としてもけして良いとは言えません。

自分だけで考えていても良い方法は出てくるわけではありません。

更に言えば誰かに借金が返済できなくなるもっと前の段階で相談をしたり、早い段階で助けを求めたりする事ができていれば今と状況は変わったかもしれません。

親や兄弟や親戚や会社など誰にも迷惑をかけたくないというのは、はっきり言ってしまうと意味のないプライドです。

既に自分だけではもう借金を返せない、実質の返済不可能な状態に陥ってしまっているのであれば、少なからず誰かに迷惑を掛けてしまっているのです。

市区町村に相談をしたい、弁護士に話を聞きにいくにしろ、一人だけで冷静な判断をすることは難しいですから、これから先のことも踏まえて家族なり、兄弟なりと連絡を取りましょう。

次に会った時ではもう遅いことも理解し、今すぐに直接会って相談をしましょう。

自己破産や債務整理が借金返済不能になった時の最終手段?

テレビドラマや映画や漫画などの影響からか、過去に自己破産をしたり債務整理を決断する事が本当に借金返済不可能になった時の最終手段とされてしまっていることが、まずそもそもの間違いなのではないでしょうか。

選択肢の一つではありますがけして、これらをしたからと言って人生が終わるわけでもありません。

逆に多重債務をしてしまって、もう無理!限界となっても大丈夫だと開き直った方が良いでしょう。

公的な銀行のカードローンや消費者金融からの融資だけだった場合は、これからの生活は不便になったとしても別に生きていくことは可能です。

また、闇金融に融資を受けてしまった場合は、そもそも返済をする必要がない可能性もあります。

まずは弁護士もしくは市区町村に無料で相談をすることから始めましょう。

日本では今後も借金返済不可能で自殺者が増える?

経済的にはバブルの再来などと言われていますが、それを実感できている日本人は本当に少なくどんどん貧富の差が激しくなってきています。

当然ながら、借金に追われて返済が不可能になりもう苦しい思いをするくらいならと、限界にきて自殺をしてしまう方も増えています。

現在でも世界的に見ても自殺者が多く6位とされていますが、将来的には更に右肩上がりになっていくことが予想できます。

多重債務で借金を返済する事が額的にも収入や能力的にも不可能と感じた時に、自己破産や債務整理よりも楽になりたいと自殺をすることを選んでしまう方が多くいます。

個人事業主や中小企業の社長だけでなくデイトレーダーやFXや株などで失敗してしまった時などに、そういった判断をしてしまうのです。

月曜日に電車の人身事故が多くダイヤが乱れるのは、こういった方々が快速電車に飛び込むからです。

様々な事情が多重債務にはありますが、お金を返せなくなったからと言って死ぬことを選択してしまうことは一番、人間としてやってはいけない事なのではないでしょうか。

債務整理もせずに、まだ自己破産もせずに全てが終わったように最終手段として判断してしまうのはいけません。

最終手段!大至急、今日すぐに必要なお金を用意できない時の工面方法

このページの先頭へ