イメージ画像

親が入学金を用意できないときに自分で何とかできる?

難関大や目標とする大学に念願の合格を果たしても、入学金、学費などのお金を用意できないとなれば、さぞ困らされることでしょう。

最悪、その大学での学業を断念しなければならなくなるかもしれません。

入学金などが用意できない場合に役立つ方法、いくつかご紹介したいと思います。

大学ごとに用意されている免除・分納・延納システムを利用する

入学金や学費などの大至急、必要な額を合計すると、300~400万円になる場合も少なくありません。

家庭によっては高額と感じられるかもしれないため、融資のこの点の負担は何かと問題になるケースが多いです。

アルバイトをしながら自分で学費や入学金を稼いで勉学に励む、といった真面目な学生も、少なくないようです。

私立大学の入学金の100万円程度を用意する事が出来ない親は多い

やはり、そういった状況に置かれる学生を助ける存在として、授業料免除や分納・延納のシステムを導入している学校が多く見られます。

お金を用意できない学生やその家庭に対し、授業料の全額免除や分納、また支払い猶予を設けてくれるといったものです。

大学ごとにシステム名や内容は入学金でも異なるため、合格した大学の詳しい情報をあらかじめ最終手段としての工面の仕方を確認しておきましょう。

どうしても入学金を用意できないときに融資を受ける方法

奨学金制度を利用する

入学金や学費の負担を軽減する上で有名な存在としては、こちら奨学金制度が挙げられるでしょう。

日本学生支援機構はじめ、いくつかの団体からお金を用意できない際に融資を受けられるシステムです。

ただ、誰でも入学金のために利用できるわけではなく、一定の学力を備えている学生であり、また、これは家庭の年収が一定以下でなければなりません。

第一種奨学金であれば、例として世帯人数4人、保護者がサラリーマンである場合、年収801万円以下といった具合です。

第二種の場合、さらに上限は高くなります。

状況によって条件は異なってくるため、高額な入学金は制度利用先の団体へ至急で連絡をし、あらかじめ事前に確認をとっておきましょう。

注意点としては、奨学金はいずれ返さなければならないということです。

一度にすべてという訳でもありませんが、社会に出たばかりの未熟な新卒生が、いきなり300~400万円もの借金を一気に背負うというのは、どんな家庭にとってもなかなか返済は大変な状況です。

そうした面も踏まえ、準備できない必要であれば利用を検討してください。

国の教育ローンで公的に借りる

国では、入学金のお金を用意できないため学業に励むことが難しい学生へ、工面するための教育ローンのプランを用意してくれています。

その名も、国民金融公庫「国の教育ローン」です。

入学金を無担保で気軽に借りられ、さらに無利子となるため自己負担は少ないです。

芸術大や医大の入学金はとにかく高い

ただ、こちらも奨学金同様所得制限があるため、家庭の年収は一定以下でなければなりません。

最大で一人350万円まで借りられるため、入学金や学費に充てるお金を用意できない場合でも楽です。

入学金が用意できないのであれば政策金融公庫で借りる

政策金融公庫の国の教育ローン

24時間365日ネットで申し込みができる教育一般貸付という最高で350万円まで借りれる教育ローンがあります。

高校以上の専門学校や大学をはじめとするほぼすべての教育機関の入学金や納付金などに使用できます。

それだけでなく住居の費用や教材費の一部などに一時充てるなどの使用方法もあります。

政策金融公庫の教育一般貸付は書類審査があります。

全国の国民生活事業でお客様窓口を設けていますので、できるだけ早く入学金を用意したいのであれば専門家に相談をしましょう。

最低でも一カ月前には申込みと審査を完了しておきたいので、合格が決まり次第動いても良いのではないでしょうか。

入学金以外にも学費が毎年掛かってきます

サービスが手厚い民間の教育ローンを活用

入学金のための国のローンは、信頼できるサービスである反面、やはり利用の最低条件が厳しいです。

そうした場合には、民間が提供している教育ローンを検討してみてください。

こちらも国の教育ローン同様に、入学金・学費に充てるお金を用意できない状況が大至急カバーできるシステムとなっており、それは比較しても便利です。

主には労働金庫や銀行・JAバンク・損保などの種類があり、商品数も豊富です。

状況に合わせて大学へ通う本人や家庭に適したサービスが選べるため、より有効性を感じられるかもしれません。

また融資までのスピードが速く、入学金は手続きも比較的簡単というメリットを持ち合わせています。

公的なサービスでないといえ、検討する価値は大いにあります。

入学金だけでなく学費も準備しなくてはいけない

入学金や学費が十分用意できなければ、安心して専門学校や大学に通い続けることはできません。

工面のやり方は少なくこのように、そうした状況で必要に応じてサポートしてくれる制度やサービスは少なくありません。

最終的に払わなければならないとはいえ、将来が有望視できるような大学へ通えば、しっかり、確実に返済できるほどの稼ぎへも成長する事もここでは期待が持てます。

アルバイトをしながら通学する場合、どちらにも集中できずデメリットばかりが目立つ結果ともなりかねません。

ぜひ入学金のために役立ててみてください。

最終手段!大至急、今日すぐに必要なお金を用意できない時の工面方法

このページの先頭へ